8bc5d82f.JPG「Are you Happy?」で書かれているように、今月いっぱいでCAMP! CAMP! CAMP!が終了することになった。仲良くしてもらっているキタサンのページで、kuma-usa-campを立ち上げる時にも、大いに参考にさせてもらったページだ。
キタサンも音楽好きということもあったし、日記が更新されるのを毎日楽しみにしていたんだけれど。いずれにせよ寂しくなるなあ…。
ここに書かれていること、少なからずとも自分にも当てはまるかもしれない。「楽しむ為」のキャンプが、「ホームページ更新の為」のキャンプになってしまうこと。こういうジレンマは、あらゆることで起ることなのだけれど、つくづく難しさを感じる。手段が目的になってはいけない。

以前、オーディオに興味があったことがある。バイトで機器を売っていたこともあるのだけれど、オーディオには見切りを付けた。高価なオーディオセットも、素晴らしい音楽を聴く為にあるのであって、決してスピーカーの台やスピーカーコードを変えたら音が変わったりするのを楽しんだり、CDの縁を緑色に塗ったり、物知り顔で電源コードにビニールテープを巻いて、自己満足に浸る為にあるのでは無いような気がしたからだ。今時そんなことをする人も居ないかな。

さて、あと約1か月で1周年を迎える「kuma-usa-camp」。一年間突っ走ってきたけれど、どうだったか。
確かに、元々、美味しいものを作って自然の中で食べることを目的にはじめたキャンプだけれども、もっとノンビリと夫婦の時間を過ごすことに主眼が変わってきているような気がする。その割には、いつもキャンプに行くと忙しく、あまりノンビリしていないな〜とも思うし、気が付くと「レポの為」の写真を撮っている自分がそこにいる。

1周年を機に、色々と考えてみたい。

最後に…。
キタサン、長きに渡ってお疲れ様でした! 
キャンプの楽しさ、DOの楽しさを教えてくれてありがとう!
また一緒にキャンプ行こう。