仕事で広島呉道路を良く使う。ここは、広島−坂が200円、坂−呉が700円。都度、料金所で現金を支払い、領収書をもらって精算する。

平行する国道31号線もそんなに混んでいないし、オマケに31号線は瀬戸内海の絶景を臨みながら海沿いを走る。それもあってか広島呉道路は何時もガラ空きだ。
なので、わずかな時間が惜しいときに利用する。ほとんどいつもそうなんだけれどね。
通行料金を支払う時、その金額の小銭をピッタリ持っていれば、例えば料金所で200円払って領収書をもらえばいい。それはワンアクションなので、短時間で終わる。

でも、1000円札しか無い場合。
多くのドライバーは、料金所のブースに着いてから1000円札をビラっと出す。すると料金所のおじさんが1000円受け取る。そして一旦ブースの内側を向き、800円のお釣りを用意して、領収書と一緒に渡してくれる。これは煩わしい。

首都高なんかだと、予めブースに入る前で、1000円札をビラビラさせておくてと、料金所のおじさんが予めお釣りを用意しておいてくれる。そして、「1000円札」対「領収書とお釣り」の交換と相成る。これはワンアクションで済むのだ。ちょっと大人の仕草というか、そういう他愛の無いことを滞りなく済ませるというのは、ちょっぴりスマートに思えたりする。

広島呉道路でも同じことをやってくれるか? 
今までの経験だと、そこまで気を回してくれるおじさんは1/3程度だ。大概のおじさんは、1000円札をビラビラしても、それを遠めにジ〜っと見ているだけで何もしない。そして1000円札を受けとってから悠長に800円数えて渡してくれる。

勿論、その間5秒もかかっていないだろう。でも、急ぐから広島呉道路に乗るのだ。そんな時間でもイライラしてしまう。できればイライラせずに気持ちよく走りたい。

なので、是非、予め1000円札をビラビラさせてブースに入る車に対しては、つり銭を準備しておいてくれて、スマートに通行料金の支払いが出来るような努力をして欲しいなあ〜。