結果は1−2で負け。勿論、勝負事なので、勝つこともあれば負けることもあるから仕方ないんだけれど。

中田は頑張っていたと思う。やはり効果的で相手が嫌がるようなパスを前線に出せるのは中田ならではだ。中村や小野に代わって入った小笠原は玉際の強さというか、中盤であっさり相手にボールを取られピンチになるケースも多く、ちょっと冷や冷やしたな。そう考えると中田はそういうシーンが少なかった。

全体的に、玉際での強さという面ではイランの方に分があったような。また前線の主力選手も効果的なプレイをしていた。やはり今日は負けるべくして負けたのだろう。

といっても、この試合で全てが決まるわけでもない。残り試合全部勝つことができれば、1位通過もまだ有り得るのだ。ガンバレ〜。