d9ff4861.JPGうちは車が小さい。これは大前提であって、今更どうこう言うことではないのだけれど、キャンプ道具もそれなりにコンパクトなものを選んできたつもりだ。
しかし、昨年ホワイトガソリンのランタンを2つ(コールマン286と200Bシーズンランタン)購入してしまった。これは少し嵩張るのだけれど、やはりホワイトガソリンのランタンの灯りはいいものだ。他にも、ケロシン(灯油)のハーマン・ニャー、ハリケーンランタンを持って行きたい。これもまたいい感じの灯りなのだ。
キャンプに行くと夜は真っ暗になる。焚き火とランタンの灯りが妙に気持ちいい。
また、暖房を兼ねて、スポーツスター(シングルバーナー)も購入した。
こうなってくると、どうしても気になるのが、ホワイトガソリンのツーバーナー。でも、これはどうしても嵩張る。ランニングコストは魅力だとはいえ、ちょっと積めないなあ…。と思って先日スポーツオーソリティーで見かけたツーバーナー。424?平行輸入品か?
いずれにせよ、定番の413に比べるとかなりコンパクトだ。「これなら積めるかも!」と少し気分が明るくなった。が、ここは冷静に…。やはり2バーナーとして実用にならなくては意味が無い。
店にあった101/4インチのスキレットを上に載せてみると…。大きさ的にちょっと苦しい。今使っているコールマンのLPガスのツーバーナーは、10インチ大のDOやスキレットが2つ載る。(10インチD2発は苦しいかもしれないが)このツーバーナー、非常に使い勝手がいい。
ツーバーナーとDO2台






元はといえば、最初にコールマンのLPランタン(ノーススター)を買ったことから、このLPツーバーナーを買ったのであった。やはり燃料は統一した方が荷物も嵩張らないということで。なので今まで使っていたキャンピングガスの青い缶のシングルバーナーは友人にあげた。
でも、今はキャンプに持って行く燃料は4種類になっている。ホワイトガソリン、ケロシン(灯油)、LPガス(Tガス)、カセットガス。
カセットガスは、カセット暖用なので寒い季節は外せない。こう考えると、LPガス(Tガス)でそろえたグッズたち…。う〜ん。でも今更、全部UFに買い換える訳にはいかないしなあ。ツーバーナーはコールマンより収納サイズも大きいしなあ…。
…と考えるのも楽しみのひとつか。

kuma-usaキャンプグッズ