エース(?)井川がいい投球をした。やっぱり投手が良いと野球は勝つものだなあ。
でも、家に帰った時点で7−1。おいしい場面は見逃してしまった。
しかし、藤川が清原に対する投球は見ごたえがあった。500号ホームランを狙う清原と、それを期待するスタンドの観客。それに対抗して見事に三振を取ってみせた。

しかし、東京ドームの観客。今日が今シーズン最多らしい。それでも44,703人だ。テレビを見たら外野も結構埋まっている。去年なら55,000人と発表されていただろう。

ふと思い出した。
東京ドームが出来た時って、テレビやマスコミ(勿論特に日テレ系)はスゴイ騒ぎようだった。チケット取るのは一苦労で、中に入れた観客も、試合そっちのけ(?)で天井を見上げていた。日本では珍しく両翼が100mある本格的な球場で、今までの後楽園とは違い広い球場なので、肩が弱いジャイアンツの外野陣は大丈夫か…。なんて言われていたような気がする。
そう、当時は広い球場と言われていたのだ。でも、今では「狭い東京ドーム」という言われ方だ。その後多くの広いドーム球場が出来たし、甲子園球場のラッキーゾーンは取り払われたりもした。しかし、既存の球場に比べても、東京ドームは決して広くない。確かに両翼は100mあるかもしれないが、右中間左中間が浅いからだ。

入場者数のゴマカシもそうだけれど、情報って怖いなあ。