kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

October 2005

先週でクールビズが終了したので、今朝は家からネクタイを巻いて出勤した。
朝の動作に一つネクタイを巻くことが加わると、なんか面倒だなと思った。

会社に行くと、何事も無かったように、みんなネクタイをしている。
でも、今日は少し暑かったので、移動中はネクタイを外す事にした。

クールビズになってよかったこと。
それは、クールビズのお陰で、ネクタイが長持ちすることだ。
暑い時にネクタイをしたまま力仕事をしたり、炎天下を歩いたりすると、滝のような汗が出る。汗は首に溜まる。首に溜まった汗はネクタイが吸い込むことになる。
夏を越すとボロボロになるネクタイも何本かあるので、今年は6月くらいに安いのをまとめ買いしておいた。しかし、その後にクールビズなるものが発令されたので、まとめ買いしたネクタイの中で、まだ使っていないものもある。
これは非常に嬉しいことだ。

クールビズに乗じてウオームビズなる新語が出ているようだが、これは難しいだろう。横並び大好き・事なかれ主義というか、上部組織から指令が無いと大多数の人は動けないだろうし、クールビズに比べて必然性が薄い。

ウオームビズと関係無いが、冬はウールのVネックのベストを着用している。所謂チョッキというやつだ。オヤジ臭いと言われようが何だろうが、これは一度着ると心地よく手放せないものとなる。消耗品のようなものなので、ユニクロや無印良品の安売りチェックは欠かさない。何しろラーメンのスープやパスタのソースが跳ねることもあるので、なるべく色が濃いものがいい。今年も安売りしていたら買おうかな。

eec644dc.jpg「面館」でラーメン
無化調薄味のスープ。もやしをトッピングしたら、更に薄味になってしまった(笑)。
あとくちすっきりなのは嬉しい。

広島市南区東雲

ad94de7e.JPG昼にクール宅急便が届いた。
会社の同僚のキャンプ仲間より、キャンプ道具提供などのお礼ということで、干物を送って頂いたのだ。突然だったのでビックリ。早速電話でお礼。(ありがとうございました。)
頂いた干物は、奥様の実家が有名な漁港の街ということで、すごい新鮮な干物だ。早速夕食に頂くことにした。立派な秋刀魚の開きだったので、ガスレンジのグリルではなく、ダッチオーブンの蓋(10インチD)で焼いてみた。
元の魚が旨いのだろう。秋刀魚の味はしっかり閉じ込められて、非常に美味しかった。干物は保存の為だけではなく、味も良くなる調理法であるということが良く分かった。

素敵な気遣いに心温まった夕食だった。

e21dbfc1.JPG明るい時間は、ずっと創作活動でした。
まだまだ作らないと。

ふ〜っ。

このページのトップヘ