January 2013

January 31, 2013

ああ、パスピーは仲間はずれ

IMG_8027
全国の交通系ICカードの相互利用がいよいよ始まるのだ。

IMG_8016
もう昨年に発表されたものだから、ネタとしては古いのかもしれないのだけれども、広島の人気ブログ「タウンNEWS広島平和大通り」の記事を読ませて頂いてから、少し書きたくなったので。

IMG_8017
全国の交通系ICカードとあるけれども、PASPYは含まれていない。ああ悲しい。
そういえば、PASPYには割引がある。広島のバス、広電、アストラムライン他で割引が受けられるのだ。そういえば、かつての記事(その1その2)で、PASPYの割引について計算したこともあったな。
これが足かせになっているのだろうか。

今現在私めが住んでいる東京近郊の私鉄系カードPASMOでは、東京近郊のバスに適用される「バス割」なるものがある。これはポイント制による割引サービスで、ポイントが貯まると次回乗車時に自動的に運賃から割引される。そのポイントも1か月毎にチャラになってしまうので賛否両論のところもあるが、割引が無いよりはよっぽどマシだ。実のところ、バスを乗る時に割引になると得した気分になるのだ。
勿論、この「バス割」も、プリペイドカード→ICカードへ移行させる措置であったのだろうけれども。

PASPYの事業者たちも、同業者として、この「バス割」を知らないわけがないだろう。
要は工夫次第でどうにでもなるのだ。

東京に戻って来て解ることだけれども、東京から見た広島の都市としての存在感は決して小さくない。東京から広島へ出張した時、SuicaやPASMOで広電やバスに乗れたら大変便利だろうと思う。(私めはその機会に恵まれないが)

考えてみれば、PASPYのガラパゴス化というより、そもそも全国の相互利用そのものがガラパゴスなのかもしれない。けれど、せっかくお金掛けてPASPYというシステムを構築して定着させたのだから、こういう全国の相互利用というイベントに乗り遅れないで欲しいと思う。

kumadays at 23:34|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 交通全般 

January 28, 2013

おっさんひとり飯 その後

IMG_7964
1月25日金曜日は京都でお仕事。
朝の新幹線は適当に指定を取ったのだけれども、それは広島行きのぞみ号だった。
いやあ、そのまま終点まで行ってしまいたいと思ったけれど。
東京駅で舟和の芋ようかんを購入してのぞみ号に乗り込んだ。

金曜日に京都で仕事。
そのまま土日留まって京都観光という手もあったのだけれども、ここ最近考えていた事があった。
それはこの間購入した「おっさんひとり飯」の著者にサインを頂くことだ。
著者のタカノさんにメールしたら快諾頂いた。深夜にスピナーズに行かれるので、そこに行けばお会い出来るとのこと。

タカノさんは、私めが広島に住んでいる時の同じく広島ブログ仲間で、私めが東京に引っ越すのと時を同じくして京都に転居された。
私めのブログは東京に転居してから明らかにパワーダウンしたが、タカノさんのブログは京都に転居してからもパワー衰えず。それどころか益々発展して、それが結実して「おっさんひとり飯」の出版に至ったのだろう。

IMG_7975
ホテルはスピナーズ近くの四条大宮に。
さてと深夜までどうしようかと思ったけれども、仕事先で広島時代の仕事仲間にバッタリ。
「あ〜!」
そのまま飲みに行くことに。
案ずる事はなかった。そんな偶然があるものだ。
広島時代の思い出話に花が咲いた。楽しかった。

その後、ホテルに戻って舟和の芋ようかんを持ってスピナーズへ。

無事、タカノさんと再会。
いやあ、お元気そうだ。だいぶ痩せたような。
ちょっとというか、既にだいぶんお酒が入っていたようなので、早めに本題に移ることに。

IMG_7998
念願のサインを頂いた。せっかくなのでHNでなくて本名で。
タカノさん、ありがとうございました。

広島ブログ関連のサイン本は、升井紘さんの本に続いて2冊目となる。

暫しお話した後、タカノさんは先に帰られるとのことで、記念撮影をして。
その後も、スピナーズにいらっしゃった方と暫しお話してから、ホテルへ戻った。
私めも随分と酔っぱらっていたし、もしかしたらお店にいらっしゃった皆様に何か迷惑をお掛けしてはいないか、タカノさんの顔を潰してはいないか、と、少しだけ不安ではあったけど、店を出る時は皆様笑顔で送り出してくれたので、何とかなったのかな。
舟和の芋ようかんのお陰かもしれない。
それとも「ようやく帰るわ。ホッ。」という笑顔だったのかな。考え過ぎか。

とにかくスピナーズ。
タカノさんが仰る通り、とてもいいお店だと思った。
いいお店にいいお客様が集まる。
いいお客様がいいお店を作る。
京都に泊まる時は、また行きたいと思う。

翌朝は10時過ぎまで爆睡。
ホテルは朝食付きの格安プランだったけれども、見事に食べそびれた。

IMG_7974
テレビをつけた。
やってる番組が「関西!」って感じで、笑ってしまった。

IMG_7980
チェックアウトして四条大宮駅へ。

IMG_7982
嵐電に乗って用事を済ませにいく。

IMG_7983
高床式の市内電車だ。

IMG_7985
いいですな。

IMG_7991
電車が街中を走っていると絵になる。

IMG_7996
嵐電は路面区間もあるのだ。
京都市電は廃止され、京津線は地下鉄になってしまったが、嵐電は残っている。
これからも頑張って欲しいな。

IMG_7993
昼飯は新福菜館(天神川店)へ。
本当は少し細麺の河原町店のが好きなのだけれども、朝食も食べてないし、とにかくお腹が空きすぎて。
焼き飯は本店よりもパラリとしてウマいかも。

IMG_7994
中華そば。賛否両論。
麺を食べているうちは美味しいけれど、スープ単独で食べるとコクや風味が無い。
まあ、それがいいのかもしれない。

この後、京都駅まで地下鉄で出て、お土産の阿闍梨餅と鯖寿司を買って、新幹線に乗って帰った。

楽しい京都旅行だった。

kumadays at 21:35|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 訪問・旅行 | 書籍・新聞

January 20, 2013

iPhone5ケース

PICT0001
iPhone4の時は吉田カバンのケースを使っていた。(以前のブログ記事
実はiPhone5を買った直後もこのケースを使っていたのだが、このケースは元々iPhone5用に作られたものではなく長さ方向の寸法に無理があり、すぐにファスナーが壊れてしまった。iPhone5にはホントにギリギリなのだ。でも、吉田カバンがこの製品を出した時はiPhone5を発売していた訳ではないから、これはユーザーに責任があるものだ。なので文句を言うつもりはない。

問題は、いつも吉田カバンのケースを首にぶら下げていた使い方なのだ。
何だかんだで内ポケットよりもケースを首にぶら下げているのが自分としては使いやすいのだ。なので代替のケースを探していた。そんな時に見つけたのがコレ。
THE NORTH FACEのFire Fly I だ。Appleストア通販でも取り扱っているけれども、実際に自分の目で確かめたい。銀座の好日山荘に行ったら現物があったので暫し悩ませてもらった。
色はグレーもあったが黒を選んだ。複数の店頭在庫品に手持ちのiPhone5を突っ込んだが、内部の作りが歩留まりの問題というか、一部のモノにiPhone5の収納に苦労する品もあった。
中でも一番楽チンのものを選んだ。

PICT0004
とりあえずギリギリでファスナーが閉まる。バッファローのバンパーはとりあえず外して使うことにした。
分厚いケース付きでは厳しい寸法なのではないか。

内部に多少余裕があるので、ヘッドホンを小さな袋に入れて収めることにした。
やっぱり小さなポケットがついていると有り難いけれどねもね。

PICT0007
裏側はシンプルにD環がついているだけ。

これで、とりあえず以前と同じ使い方が出来るようになった。
いや、以前よりも本体のパフォーマンスが上がっているから、便利になったかな。

kumadays at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) Mac、iPhone、パソコンなど 

January 19, 2013

なんで広島だけ

IMG_7945
近くのスーパーのチラシ。

IMG_7946
なんで広島だけ無いん?

IMG_7947
この鶏肉って、ユアーズかフレスタで普通に売ってなかったっけ。
まあ、ココも同じCGCグループだから仕方ないか。

木次牛乳が売ってるから、久しぶりに買ってみるかな。
しかし高いなぁ。

kumadays at 14:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他日記 

お知らせ

2013_01_19ブログコメント
本日未明より、本ブログのコメントは、全て管理者kumaによる確認後に、ブログに反映させていただくように変更いたします。

最近、スパムコメントが多いので。
食べログ起因だろうかね。

ご了承おき下さい。

kumadays at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) ポリシー 

January 16, 2013

晩白柚

IMG_7843
熊本県八代市名産の晩白柚(ばんぺいゆ)を頂いた。
この写真では伝わらないので、

IMG_7845
カミさんのiPhone5を隣に。
これでもナカナカ伝わらないかな。

IMG_7848
みかんとビール瓶(500ml)で挟んでみたり、

IMG_7850
みかんとサッカーボールで挟んでみたり、

色々と工夫しても臨場感が伝わらないな。

とにかく、柑橘系最大級の大きさを持つ晩白柚。最大の晩白柚はギネス認定されたらしい。
一度に食べきるのは無理だな。
実は消費するのが大変だったりする。

IMG_7854
でも皮も厚いので、中身は小さめ。
味は控えめ。

個人的には文旦の方が好みかな。すいません。

kumadays at 06:56|PermalinkComments(2)TrackBack(0) デザート・喫茶 

大雪の被害

IMG_7924
1月14日は東京でも記録的な大雪となった。祝日だったからまだ良かったのかもしれないが、3連休最終日であり成人の日であり。被害に遭われた方、巻き込まれた方にはお見舞い申し上げます。

15日の朝は普通に出勤。路上には雪がたくさん残っていた。靴も普通の革靴でなくて、革靴チックなミズノのウォーキングシューズを履いて行った。今思えば、コロンビアのスノーブーツを履いて行けば良かったのだが。

駅迄は暫く下り坂が続く。車道では坂を登れない車が続出。ああ。
都内は除雪インフラが少ないし、雪に不慣れなドライバーと相まって、雪が降るとパニックになるのだ。雪が降る地方の方からしてみたら「この程度の雪で・・・?」と思うところだ。思えば広島に住んでい頃の方が雪を多く見た印象がある。

で、私めも雪のところは慎重に歩いていた。こういう時はゆっくり歩くに限る。
しかし、雪かきされて雪が無い所に入って普通に歩き出したら、そこが凍結していた。

あっという間に足がツルリと滑り、腰からズドーン!と転倒した。

咄嗟に受け身を取る。

遠くから見知らぬオバちゃんが「だいじょうぶ!?」と声を掛けてくれた。起き上がって声を掛けてくれた方に手を振った。

すっかり話題提供してしまった。近くにテレビカメラがあったら、そのシーンは毎回のニュースで流されたかもしれない。


ゲロ混みの電車に乗って会社に着いてパソコンを開けると・・・、

IMG_7926
液晶が・・・。ああ。

IMG_7925
見るとすっかり歪んでいた。
無理も無い。背負っていたカバンの中に入っていたのだから、結構な衝撃だっただろう。
会社の総務系の方に相談したところ、このパソコンも2013年度中には更新になるだろうから、それまではこのまま使うことをオススメしますとのこと。ガーン。

IMG_7927
画面の面積からしてみたら、ほんの数%の欠けなのだけれども、結構大きく感じる。
まあ、自業自得ということで諦めるしかないな。

転倒した直後は体も大した痛みは無かったが、家に帰ったら、やっぱり腰を打ったところや背中が痛い。今回も高校生の時に習った柔道が役に立った形になったけれど、暫くは大人しくしておこう。

kumadays at 06:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) しごと | 世相とか

January 14, 2013

祭典の日(奇跡のライヴ)/レッド・ツェッペリン

IMG_7626
コレも高野俊一さんのおっさんひとり飯をアマゾンで頼んだ時に一緒に購入したうちの一つだ。
2007年12月10日にロンドンで行われた、一夜限りのレッド・ツェッペリンのライヴ演奏を収めたDVD+CDだ。一夜限りの再結成ライヴの事は以前のブログ記事でも少し取り上げた。朝日新聞の社会面(芸能や文化面でなく)に取り上げられ、朝のテレビ番組(とくダネ)でも取り上げられたのだ。

それが5年の月日を経て公式版で発売された。

レッド・ツェッペリンは、1968年から1980年迄活動したロックバンドだ。ビートルズが解散した後、全米1位アルバムも6枚出すなど大ヒットを記録した。
が、ビートルズやカーペンターズ等との違いというか、皆が口ずさむような、あるいは学校の教科書に載るような、所謂美しい「佳曲」は無い。名曲と言われる「天国への階段」だって長過ぎて教科書に載せるにはちょっと・・・。
ある意味、ロックを難解なものにしてしまった立役者のうちのひとりかもしれない。でも、レッド・ツェッペリンのナンバーは、他には変えがたい魅力があるのだ。それは、彼らが演奏するから得られる魅力なのだと思う。

今の時代、レッド・ツェッペリンの曲をもっと上手に演奏できるプレイヤーは腐る程いるだろう。ジミー・ペイジよりも上手くて正確なギタリストだって、ロバート・プラントよりも高い声が出て上手なボーカリストだって、ジョン・ポール・ジョーンズよりも才覚があるベーシスト/キーボーディストだって、ジェイソン・ボーナムよりもパワフルなドラマーだって、探せばいくらでも居る筈だ。

でも、やはりツェッペリンのナンバーは、彼らでないとダメなのだ。
彼らもそれを解っているのか、あるいは商売上の演出なのか、ジョン・ボーナムを失って解散した後は、滅多なことがなければツェッペリンのナンバーは演奏されなかったのだ。
確かに、たまに演奏されたライブエイドやアトランティック40周年の再結成ライヴでの貧弱さや、ペイジ/プラント等で物足りなさを感じたのは事実だし。

今回のライブは、レッド・ツェッペリンという形で1ステージ通しの形だ。現役時代と同じく、サポートメンバー無しで4人だけの演奏となっている。キーボードが必要な曲は、ジョン・ポール・ジョーンズが弾く。その時は足でベースペダルを扱う。なので、以前のペイジ・プラントなどと比べてソリッドな印象を受ける。実にカッコいい。

歳はとってしまったが、やっぱりレッド・ツェッペリンという形のライヴは一味も二味も違う。なぜだろうか。それこそが良く言われる化学反応であり、レッド・ツェッペリンたる所以なのだと思う。
それでもやっぱりドラムに物足りなさを感じてしまうのはどうしても仕方ないことなのだ。それだけジョン・ボーナムは偉大だったのだ。映画「永遠の詩」で子供用ドラムをたたいている幼児が、これだけ筋肉隆々の成人になって、お父さんソックリのドラムを叩いている。普通のドラマーとして見れば相当な実力だと思うし、現在、お父さんの代わりが出来るのは彼しか居ないのだろう。彼はドラムを叩きながらコーラスも担当しており、それは微笑ましかったりする。できれば彼のボーカル入りの「限りなき戦い」を聞いてみたいところだ。
ジミー・ペイジのギターも素晴らしい。円熟味が出てカッコいい。ロバート・プラントもキーを下げた曲もあるが頑張って声を出している。そして何よりジョン・ポール・ジョーンズのプレイがいいですな。ビジュアル的にもいい具合に歳をとったのでは。

そして、今回のライヴ、現役時代はあまり披露されなかった曲も披露されている。オープニングは「コミュニケーション・ブレイクダウン」でも「移民の歌」でも「ロックンロール」でもなく、「ウィー・アー・ゴナ・グルーヴ」でも「トレイン・ケプト・ア・ローリン」でもなく、「グッドタイムス・バッドタイムス」なのだ。1stアルバムのトップナンバーで間違いなくレッド・ツェッペリンの代表曲でありながら、ライヴでは殆ど演奏されなかった。他にも、「ランブル・オン」や「フォー・ユア・ライフ」なども、当時は全く演奏されていない筈なので、意表をつかれたナンバーだ。そして後期には演奏されなくなってしまった「幻惑されて」が演奏されたのはとても嬉しい。
代わりといっては何だが、前述の「コミュニケーション・ブレイクダウン」や「移民の歌」、あるいは「アキレス最期の戦い」「オール・マイ・ラブ」などの曲は演奏されなかったのだけれども。他はベスト盤と呼べるような選曲となっている。

但し、気になるのは、すでにこの時から5年経過しているのだ。この時のライヴは確かに凄いと思うけれど、この時から5年歳を取っている現在でも、このような凄いパフォーマンスが出来るのだろうか。出来ると信じたいところだけれども、ジミー・ペイジは来年70歳になる。

そういう意味でも、やはりライヴ直後に発売して欲しかったな。

kumadays at 17:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0) 音楽 | 映画・テレビ番組・DVD・ゲーム

January 13, 2013

ハンガリアン・ラプソディ/クイーン

IMG_7625
高野俊一さんのおっさんひとり飯をアマゾンで頼んだ時に一緒に購入したうちの一つがコレだ。
いや、もう昨年の話だから随分時間が経っているのだけれども、なかなか記事にできずにいた。

実は、このDVDに収録されているライブは、当時にもVHS/LDで市販されたものだ。86年ツアーは日本に来日が無かった。ライブマジックのCDが発売されたが、収録されている曲が繋ぎ合わせのショートバージョンばかりでショックを受けた後で、しかもウエンブリーのライブも発売される前だったから、このブダペストのライブはそれこそ穴が空くほど観たのだ。
そう。現役当時からのクイーンファンならば、ハンガリー民謡を一曲だけは歌うことが出来るだろう。(歌詞はメチャクチャでも)

なので、その時に未発表だった映像や音源が収録されているとなれば、無条件で買わなくてはならない。
それに、元々、このコンテンツは映画館で公開出来るものとして作られたもので、昨年日本の各劇場で公開されたのだけれども、残念ながら、すっかり観る機会を逸してしまっていたし。

以前から高質のライブ演奏だと思っていたけれども、残念ながら当時発売されたVHSは音がそんなに良くなかった。音程も少しフラットしていたし。
今回はさすがにそのあたりは改善されている。それだけでもありがたい。

それにDVDとセットでCDがついているのも嬉しい。
最近の作品の傾向かもしれないけれども、やっぱり移動中にiPhone/iPodで聞きたいこともあるし、そうしたら動画のみだけでなくCDがついているのは有り難いのだ。しかも、そのCDには、前回のビデオにも今回のDVDにも収録されていないナンバーが収録されている。

こうやって、かつての音源がどんどん新しくなっていく。
一生懸命クイーンの音源を追いかけていた頃を思い出せば、当時ならば、この状況は予測出来なかった事だな。
これからも、何年に1度かで過去の音源が発売されると嬉しいですな。

kumadays at 10:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 音楽 | 映画・テレビ番組・DVD・ゲーム

January 12, 2013

ツタンカーメン展

IMG_7890
以前からカミさんが行きたいと言っていたツタンカーメン展に行くことにした。
会期は2012年8月4日(土)〜2013年1月20日(日)。今思えばもっと早くに行けば良かったのだが、どうしてもズルズルとなってしまうのだ。朝から上野を目指した。

続きを読む

kumadays at 18:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 訪問・旅行 | 今日の昼飯

January 11, 2013

明けの明星

画像1



kumadays at 06:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他日記 

January 06, 2013

正月気分も今日で終わり。

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

神田まつやにて。

kumadays at 12:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 今日の昼飯 | お酒全般

January 04, 2013

大霧山

PICT0028
三元日で鈍った体にカツを入れるべく、晴天予報の1月4日に山へ行くことにした。
とはいえ朝は氷点下まで下がるというし、そんなに遠くないところ、先月、堂平山他に行ったこともあるし、その近くの大霧山に行くことにした。

続きを読む

kumadays at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) トレッキング・その他散歩 | 訪問・旅行

January 03, 2013

この正月のお酒

画像1

画像1

ゆうき 特別純米 無ろ過生原酒

やっぱり酒道庵のお酒はウマい。

kumadays at 19:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) お酒全般 

1月3日

画像1

画像1

おせちの残りを食べる日。せっかくなので器も揃えて。
数の子も塩抜きして漬けたし、あとはカミさんの定番料理と定番の購入品。
ウマいっす。

kumadays at 19:17|PermalinkComments(2)TrackBack(0) ダッチオーブン・料理全般 | その他日記

中央大学途中棄権

箱根駅伝で中央大学と城西大学が往路でリタイヤ。
昨日は全く駅伝を見てなかったので、今日テレビをつけて知った。

5区の山登りで低温と突風で体温を奪われたらしい。色々な動画サイトで流れる痛々しい映像。
考えてみれば箱根は冬山なのだ。冷たい雨が降る時もあれば、雪が降る時もあれば、強い風が吹く時もある。

母校がリタイヤしてしまったのは悲しいことだ。
けれども、それよりも、何よりも、来年以降は、選手の服装や装備をもっと科学的に考えたり、あるいはレギュレーションの改正(途中から上着を着てもいいとか)などして、選手の安全に最大限尽くしてもらいたいと思った。

リタイヤした選手も、厳しい環境の中良く頑張ったと思う。
もっと服装や装備が進歩していれば、あるいは違った結果になったかもしれない。

そして後続のランナーも一生懸命走っている。
頑張れ!!

kumadays at 11:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他スポーツ全般 

January 01, 2013

謹賀新年

画像1
本年もよろしくお願い申し上げます。

kumadays at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0) その他日記