kuma days

these are the days of our lives
東京30年・広島12年・東京9年住んだ後、2019年4月から静岡市に暮らすサラリーマンの楽しい日々。

December 2013

画像1
怪我に泣かされた年だった。
来年は怪我に気をつけて頑張っていきたい。
更新頻度は減ってますが、来年もよろしくお願いします!
良いお年をお迎えください‼︎

画像1
スーパーで売ってるお好み焼き。
ココは東京だから「広島風」と枕詞がつきますな。

画像1
一応それなりの作り。
オタフクソースと青のりを足して。

しかし切れてないから食べるのが大変で・・・。

IMG_7503
年に2回のオイル交換。今年もそんな季節になったのだ。しかし、それをすっかり忘れていて、年末ギリギリになってしまった。

IMG_7502
フィアットがいっぱい停まっている。いいですな。

IMG_7500
6月の車検の時と同じく、最新のパンダが展示されていた。少しサイズもゆったりとしたこともあるが、劇的に室内が広くなった訳ではない。

IMG_7501
年末ということもあり、色々はセールやキャンペーンをやっていた。

IMG_7505
いやあ、本当にありがたいですな。
ココで買ったわけでは無い車だけれども、しっかりと面倒をみてくれる。感謝です。

画像1
昨晩のクリスマスイブ、イタリアはピエモンテ州のワインを頂きました。アレックスを思い出しますな。
東京なら欲しいものがどこでも買えると思ったら大間違いで、普段からマメに探しておかないとね。

ちなみに今は朝のラン+散歩の帰りです。寒いっす。

画像1
DAMのカラオケにこんなもんがあった。
確かにコレが其々一曲ずつコマ切れではタマランな。
で、思ったこと。
クイーン競屮薀奪サイドメドレー作ってくれんかな。まあ、アビーロードB面より一曲のまとまりがあるからなんとかなるのだけど、やっぱり連続していきたいよね。
あとは、ロックユー〜チャンピオンズも欲しいね。DAMに要望出そうかな。

画像1
クイーンのドラマー、ロジャー・テイラーのソロアルバムが先日発売された。実は輸入盤は11月に出ていたのだが国内盤の発売を待った。若い頃なら待ちきれずに輸入盤も国内盤も両方購入していただろう。今回は輸入盤と国内盤は内容も変わらないしねまあ、歳をとるにつれ日々の忙しさにまみれて待つ術を覚えたのかもしれない。
ちなみに輸入盤のみだけど、「the lot」というかつてのソロアルバムを一挙にまとめたセットも発売されたが、前述の通り殆どの音源を既に持っているので興味が涌かなかった。

画像1
国内盤といえばこの帯。昔はウザかったけれども、今は日本語で必要な情報が書いてあるから有り難いね。

今回のアルバム、純然たるソロアルバムとしては5枚目。そして、ソロプロジェクトである「ザ・クロス」の3枚を入れたら8枚目ということになる。これはバンドの一(いち)ドラマーとしては非常に多い数字でもあるし、クイーンの他のメンバーと比べても多い。(フレディは純然たるソロが1枚、モンセラート・カバリエとのプロジェクトが1枚、計2枚。ブライアンは純然たるソロが2枚、ライブアルバムが1枚、ミニアルバムが1枚、計4枚。)
元々ドラムの他にボーカルに自信があり、ギターもプレイでき、シンセなど電子楽器も使えるとなれば、他のミュージシャンの手を借りずに作業が進められるし、ソロアルバムを出すのも容易いだろう。確かに初期はロジャー独り舞台に近いソロアルバムもあったし、
ただ、前述の記事にも書いたけど、ロジャーはクイーンには無くてはならない存在であるのは間違いない。しかし、こと作曲能力では、特にメロディメーカーとしては他の3人ほど才能に恵まれていたわけではなく、ロジャーが作る曲はどうしてもワンパターンになりがちである。勿論ファンとしては、それすらも微笑ましいのだけど。

今回の「ファン・オン・アース」も、そのワンパターンが炸裂している。けど歳を重ねて来たからか曲のまとまりは良くなっている。それに、これまでは電気仕掛けの音が多かったのが、幾分かアコスティックな音になっている。歌もいい感じに枯れて円熟した感じだ。お馴染み「セイ・イッツ・ノー・トゥルー」や、QPRのアルバムに入っていた「スモール」も収録されている。他はこのアルバムの為の書き下ろしと思われる。バラード調の曲が多いが、元気なロックンロール調の曲もある。そしてラストの曲のタイトルは「スマイル」だ。クイーン結成の前にブライアン・メイとティム・スタッフェルと3人で結成されたスマイル。プロデビューを果たすも成功は得られなかったスマイルだ。なんか感慨深くなった。

ブライアンが来年70歳になるが、ロジャーも来年は68歳だ。
元気だな。ホント。

これからも素晴らしい音楽をファンに届けて下さい。

IMG_7074
「♪伊東に行くなら・・・」
関東に住む方なら必ず聞いたことがあるCMソングだろう。
いにしえから超有名な温泉観光地である伊東。平安時代から東海道本線の支線である伊東線は昭和13年に伊東駅まで全通している。
でも何となく最近はイマイチ感があるのではないかと思う。
そんな伊東へ12月の三連休に一泊旅行することにした。南西は吉方位だし。

続きを読む

IMG_6691
大山とかいて「おおやま」と呼ぶ。どっこい西日本の方は「だいせん」と呼ぶ方が多いのではないだろうか。
以前我々も登った鳥取県の伯耆大山(ほうきだいせん)は、日本百名山に数えられるような名峰だ。「山」としては標高も勝っている。が、こちらの「おおやま」も関東ではかなりの知名度を誇る。神奈川県民の方は遠足などで、そして関東各地からは信仰の対象として。昔、大山は雨降山(あふりやま)とも呼ばれ、雨乞いに霊験のある山として昔から農民の間に関心が寄せられていた。(wikipediaより)
そして各地から大山を目指す道が開かれた。板橋区に大山いう地名があるが、それもこの大山から起因している。富士山の近くだったことと、関東一円見渡せる眺望からかと思うけど。
そんな有名な山だから一度は行ってみないといけないと出掛けた12月14日(土)。この季節の低山が好きだ。紅葉が落ちた木々の間を歩くのが何ともいいのだ。紅葉が過ぎて観光客も少ないからノンビリとした山歩きが楽しめるのだ。

続きを読む

画像1
おめでとうございます!

マリノスーフロンターレ戦と二画面で観てたけど、あちらもスゴいゲームでしたな。フロンターレも勝てば3位だから気合入ってたし。

最後の最後の逆転優勝、元広島在住者として素直に嬉しいです。

このページのトップヘ