July 09, 2005

JR山陰本線 萩駅

5379cb3f.jpgJR山陰本線は、京都−幡生間を日本海側経由で結ぶ長大な幹線だ。

というのは昔の話。貨物列車も無くなり、この区間を直通する列車も無くなり、それぞれの区間区間でのローカル線という役割になっている。

その中でも、益田以西の区間は優等列車も無くなって、取り残された感のある完全なローカル線だ。この区間の駅、萩駅に寄ってみた。



萩駅周辺地図萩といえば、知名度は全国区の観光地だろう。毛利36万石の城下町として古くから栄え、人口も6万人を数える。
そんな市の中心駅の筈だが、市の中心駅としての役割は、隣の東萩駅に譲っている。東萩駅の周りにはホテルなどが林立し、中心街にも近い。そんなことからこちらの萩駅周辺は、人通りも少なく閑散としている。










萩駅舎案内板萩駅の駅舎は、威風堂々とした美しい洋館風で、有形文化財としても登録されている。しっかりと整備されており、中は鉄道記念館になっている。














萩駅時刻表一日に来る列車は、たったこれだけだ。列車の交換も無ければ、優等列車も走っていない。たったこれだけの列車が到着するだけの駅として考えたら、この駅舎は過剰設備だ。それだけに鉄道記念館としての利用でこの駅舎を残したことに拍手をおくりたい。












萩駅キハ120ホームに出てみると、丁度キハ120がやってきた。20人程度の降車客があったが、ワンマン運転なので降りるときに運賃を払う。この光景は、まるでバスだ。列車が駅に着くと、数々の扉から乗客が吐き出されるような光景は、ここではもう見ることはないだろう。






キハ120停車中跨線橋に登ってみた。本線用の長いホームにチョコンと停まるキハ120に哀愁を感じる。















萩駅構内東萩方面東萩方面を望む。貨物営業をしていた関係もあり、構内は非常に長大だ。これだけ長大な駅を鉄道模型で表現するのは、Nゲージでも難しいだろう。













構内長門方玉江方面を望む。Y字ポイントで分岐する為、駅通過時にかなり減速しなくてはならない。益田以東は「高速化」のために、直線で通過できるようなポイント配置にしているが、益田以西は優等列車が無いために「高速化」の工事は行われていない。












駅舎線路側から2駅舎を線路側から見てみる。やはりいい佇まいだ。ほとんどが鉄道記念館となっていて、駅舎として使用しているのは東端のほんの一部だけれども、中に売店もあるし、小さいながら待合室もある。






萩駅駅名何と開業80年だそうな。萩は、海に面してはいるが、他は山に囲まれた地形だ。このあたりの海沿いは山が険しく岩が切り立っている。道路も整備されておらず、交通が不便だった時代。そんな時代に鉄道が敷かれて駅が出来た時、人々はどんな思いだっただろうか。それを思うとこの駅舎の豪華さも肯ける。




萩バス駅前広場に戻ると、バスがやってきた。なんと1時間に3本も走っている。先ほど降り立った乗客のほとんどが、このバスに乗り込んだ。市の中心地に向うのだろう。







駅前に、古い電話ボックスがあった。当時の電話機も備え付けてあった。
萩駅電話ボックス萩駅電話機
















萩駅駅前広場駅舎から、市内中心部方面を望む。萩駅の正面から市の中心部に向けての1本道だけど、萩駅周辺は閑散としている。この先橋を渡ると、市の中心部の三角州にたどり着く。






山陰本線も、京都口は電化されて通勤路線に。あるいは京都−城崎間は電車特急も走る。城崎−米子間も福知山線や播但線からの特急も乗り入れる。米子−出雲市間は伯備線からの特急が乗り入れ、普通列車の運転本数も多い。出雲市−益田間は、それほど多くは無いにせよ高速化されて山口線直通の特急や快速が走る。

この益田以西の区間、以前は九州に直通するディーゼル特急や急行が走り、華々しいところもあったのだが、唯一残っていた特急「いそかぜ」も無くなってしまった。
思えば、このあたりの陰陽連絡は、山口線と美祢線ということになるのだけれども、萩は陰陽連絡線の恩恵をあまり受けていない。山口線は新幹線のぞみ号が停まる新山口を起点に、沿線には県庁所在地の山口や、萩と並ぶ観光地の津和野がある。SLやまぐち号も運転されて利用客も多い。しかし新山口から山口線で萩に行こうとした場合は益田経由となるので距離的なロスが多い。
一方の美祢線は、距離的なロスは少ないけれど、新幹線こだま号しか停まらない厚狭を基点に長門市まで。あまり便利とは言えない。
よって新幹線で萩を訪れる人は90%以上が新山口からのバスを利用するだろう。

新山口から山陽本線−美祢線−山陰本線経由で特急を走らすのはメリットが無いだろうか。これだけ立派な駅を生かさないのは勿体無いような気がするのだ。

kumadays at 15:53│Comments(6)TrackBack(0) 鉄道・鉄道模型 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by BlogPetの「ミニkuma」   July 09, 2005 17:21
幹線と大きい幡生とか無くなり
ミニkumaたちが、日本海で日本海を直通したかったの♪


2. Posted by kuma   July 10, 2005 07:53
・・・大きい幡生って何だ? 幡生駅は無くならないよ。
ミニkumaは泳げるのか?日本海を直進したら、大陸にたどり着くぞ。
ところでミニkumaたちって・・・、他に誰か居るのか??
3. Posted by 偽ミニkuma   July 10, 2005 11:18
キハ120が毛利を統治したから、
偽ミニkumaは太平洋を太平洋で渡って、
ミニkumaと遊んだの♪
4. Posted by kuma   July 10, 2005 17:41
ミニkumaよ、ディーゼルカーが毛利を統治するか〜。
太平洋??なんぢゃそりゃ〜。萩は日本海側だぞ!
偽ミニkuma??・・・。
なんだnbさんか。フッフッフ。
段々と似てきましたね。
5. Posted by 大阪市民   February 28, 2008 21:08
萩駅 駅舎、何時から、

ライトアップされるん

ですか。

教えてください。
6. Posted by kuma   February 28, 2008 22:40
大阪市民さん>
残念ながらこちらでは解りかねます。ご希望に添えず申し訳ございません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字