May 01, 2006

牛田山

f1496758.JPG先日、立ち読みをしていたら気になる本があったので買った。この本、写真は無いが、地図と詳しい図解が載っている。また難易度のマークもあるので有り難い。
広島県は山地だ。海の傍まで山が迫っているところがほとんどで、山の中の平地や盆地に都市や街があるといっていい。広島市も例外にもれず、わずかな市街地以外はほとんどが山地だ。なので家から近くの山を歩くというのも悪くない。安くカンタンなアウトドアスポーツだ。



この本を眺め、牛田山に登ってみることに決定。理由としては、アストラムラインの駅から歩けること。アストラムラインの駅には例外なくソコソコきれいなトイレがある。これは重要だ。(笑) また、多くの登山口が整備され、多くの人が登るとも書いてある。これも素晴らしい。カミさんはオープンギャラリーの準備もあったので、下見がてら一人で行くことにした。

不動院前駅アストラムラインに乗って不動院駅を目指す。
だいたい上り電車にのって山登りに行くなんていうのは、おかしなものだ。西武線だって中央線だって青梅線だって、街から放射状に伸びる電車の場合、普通、山は下り方向にあるものだ。でも、アストラムに乗っている途中に気分が変わったら、そのまま街にもいけるのだなと思ったら面白くなってきた。(何のこっちゃ)



ハイキングコース地図一応地図をコピーして持ってきたが、駅を降りて少し歩くとハイキングコースの地図が掲示されていた。お〜。やはり訪れる人は多いのだな。そういえば先ほど駅でいかにも牛田山に登ってきた後の夫婦連れを見かけた。










不動院口看板最初は住宅地を上がっていく。牛田新町第一公園で小休止。道中にはこのように看板が出ている。暑くなったので長袖シャツを脱いで半袖に。今日は甲府では33度まで気温が上がるほど暑い日だった。が、半そでにになってしまえば快適だ。





不動院口入り口地図を頼りに登山口に。そこはうっそうとした藪だった。チョロチョロ水が流れている。おいおい道が無いじゃん。しかもすごい坂。あわてて汗だらけの長袖のシャツを着なおした。右に階段があるんでそれを登ったら行き止まり。ガイドブックを再度読み直すと…やっぱりこれを登っていくのか??? 決心して分け入って入っていくとどんどん急坂に。確かにガイドブックには「左に急登すると…」と書いてあるが。前には倒木もあるし、虫はブンブン飛んで来るし、もの凄く不安になりながら登っていった。






不動院口上りきったところするとようやく道らしいものにぶつかった。ふぃ〜。左は戸坂くるめ坂・右は牛田山頂と書いてある。お〜。今まで来たところは確かに案内板もあるし登山道らしい。この登りでスッカリと息が上がってしまったが、そこからは登山道をどんどん登っていった。










牛田山山頂牛田駅から40分。ようやく牛田山頂へ。それまでも「ここが山頂か??」と思われる場所が何箇所かあったが、山頂にはこのように丸太のベンチが設置してあって、休憩ができるようになっている。これは有り難い。どっかりと座って水筒の麦茶を飲んで汗を拭いた。ここは標高261mの低山だし、大鬼谷のように神がかった雰囲気は無いものの、新緑がキレイだし、なんと旧市内全域を見渡すことが出来る。黄砂が無ければきっとかなり遠くの方まで見渡せるだろう。これはいい。右を見ると祇園方面も見える。

山頂から市内中心部山頂から祇園方面









山中の看板10分程度休憩して下山することに。山中にはこのような案内板も整備されているので、地図を持っていけば迷うことも無いだろう。山頂までは誰ともすれ違わなかったが、下山途中に男性一人とすれ違った。その男性は水筒1つぶら下げて軽快に登ってきた。慣れているのだなと感じた。こちらは小さなザックに水筒と着替えと上着とタオルといういでたちだったが。



神田山山頂帰りは神田山経由で降りた。神田山の山頂も休憩ができるようになっている。








神田山からの景色景色は牛田山ほどではないが、不動院前駅方面を望むことができる。













登山道途中、下りも険しくなる。植物を分け入って通るところもあるし、低山登りとはいえ、長袖のシャツと帽子は絶対に必要だ。最後の斜面はものすごく急で、ロープが設置されていた。嬉しい配慮だ。強がって使わないのではなく、安全のためにロープをつかまって下りた。ロープを持ち替える時も両手を使って、必ずどちらかの手がロープを掴んでいるようにした。(高所作業の時の命綱2本使用のようだ)







不動院口健脚コース看板下りきったら、住宅地へ。こちらのコースの方が道は整備されているが、神田山までの道が非常に急だ。看板も「健脚コース」となっている。行きのコースとどちらが良いかは良く分からないが、やはり思い出してみたら登りは行きのコースの方が楽なのかもしれない。下りは50分くらいか。不動院前駅のトイレで汗だらけのシャツを着替えてアストラムラインで家に戻る。家を出てから3時間以内で帰ってくることができた。

帰ってからシャワーを浴びて体重計に乗ったら…。フッフッフ。だいぶ減っていた。
とにかく良い運動になったので、本格的に暑くなる前にもう一度行きたいな。

kumadays at 19:00│Comments(2)TrackBack(0) トレッキング・その他散歩 | 書籍・新聞

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 北さん   May 02, 2006 21:36
おおっ!登山ですな。この本気にながら
未だ購入に至ってません!

歩く事って大事ですよね。ワシもJR通勤に
なってから想定の範囲の体重減です。

今度は一緒にいきませう。
2. Posted by kuma   May 02, 2006 22:32
すっかり気に入って購入してしまいました。
登山なんてもんじゃないですけどね。
牛田山も他にもいい山がありそうですね。
本格的に暑くなる前に行きませう。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字