周知の通り、1−4で敗退した。
日本の「奇跡」を期待する声が多かったが、先制点を挙げたことが、その「奇跡」だったのだろう。その後「奇跡」は起きなかった。しかしキッチリと先制点を挙げたこと。それによって少しだけでも夢を見させてくれたこと。そのことに感謝したいと思う。

そして、ここ数年包み隠されていた「世界との差」が再び浮き彫りになった大会だったと思う。日本サッカー界が今後どうあるべきか、国民も良く考える機会かもしれない。それは、以前も書いたけど、やはり国内リーグの盛り上がりが必要なのだろう。WBCの奇跡を再び…という声もあったけれど、日本のプロ野球は色々問題があるにせよ盛り上がっている。だからこそ奇跡も起きたのだろうし。

せっかく広島に住んでいるのだし、Jリーグ見に行こうかな。

トラックバック先
http://blog.goo.ne.jp/sonetets
http://silvertree9201.cocolog-nifty.com/blog/