June 24, 2006

広島市安佐動物公園

61f757af.JPG今日は午後から天気も良くなったので、ブラッとお出掛けすることにした。木小屋でコーヒーでも飲もうか、それとも都市部へ買い物でも行こうか、とにかく車を走らせた。




おおさんしょううお到着した先は安佐動物公園。広島に来て約8年、ここに来たことが無かったのだ。
以前、瑞穂ハンザケ記念館に行った時、安佐動物公園にもオオサンショウウオがいることは知っていた。なので一度行こうと思っていたのだけど。
もちろんオオサンショウウオも見ることが出来たけど、室内の水槽の中の動物をカメラに収めることは非常に難しかった。
そして、それ以外も結構楽しむことができた。




遠景ここは、広島市内とはいえ、完全に山の中にある動物園だ。敷地もカナリ広く、山の地形をうまく生かしていい感じだ。木陰が多いのも雰囲気がいい。上野動物園や井の頭文化園、多摩動物公園や東武動物公園に慣れた身としては、動物達も広い敷地内でノンビリしているように見えて、好感が持てた。



アフリカ象がサッカーをしていた。鼻でボールを押さえて前足でボールを蹴る。ナカナカのテクニックだ。「ハンドだ」と言う人もいたけど。
ぞうサッカー1ぞうサッカー2









勿論、くま・うさぎもいた。くまは少し寂しそうにしていた。
くまうさぎ









ペンギン私めはペンギンが好きだ。なんとなくノンビリとしていてイイ感じなので。
今日は暑かったので、非常に涼しげに見えた。





猛虎でも、やっぱりコレだ。猛虎!! タイガーマスクのテーマソング(虎だ、おまえは虎になるのだ)と、六甲おろしが同時に頭の中に浮かんできた。ライオンは疲れて寝ていたけれど、ヒョウと虎は元気に檻の中を歩き回っていた。他にも、定番のキリンや猿類、シマウマやらダチョウやらもいて、本格的な動物園だと思った。



これがレッサーパンダ。この動物園の目玉のひとつだ。パンダといえば、やはり白と黒のジャイアントパンダだ。だからこのレッサーパンダはどうしてもその陰に隠れてしまいがちなのだけれども、実物を見てみるとナカナカいい感じだ。動きもあるし、色もきれいだし、表情も愛らしい。じっと動かない多摩動物公園のコアラよりも上だと思った。
レッサーパンダ1レッサーパンダ2








そして、我々的に一番のヒットは「かわうそ」。
水の中を涼しげに泳ぐ。吉田戦車の漫画に描かれたことがあったけど、クルクルとドリルのように回って泳ぐ姿や、陸に上がって走り回ったりと、色々な動きがあって本当に面白い。これはスゴイ。吉田戦車が漫画の題材にしようと思った訳が判ったような気がした。結構、ず〜っと見入ってしまった。
かわうそ1かわうそ2








何の変哲もない休日だったけれど、今まで敬遠して行かなかった安佐動物公園が少しだけ彩りを与えてくれた。
またかわうそを見に行こうかな。

kumadays at 18:00│Comments(2)TrackBack(0) 訪問・旅行 | フィアット NEWパンダ&プントカブリオ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hiraken   June 25, 2006 09:51
かわうそ君の食事姿も、見られましたか?
これもなかなか見物ですよ。

2. Posted by kuma   June 25, 2006 14:08
hirakenさん>

食事タイムは既に終わっていました。(残念)
そう聞いたら絶対に見たくなったので、今度は、是非食事タイムに行ってみたいと思います。
しかし動物の写真は難しいですね。かわうそ君は何枚も撮ったのに使えるのは2枚だけ…。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字