c857a271.JPGここ最近、見入っているものがある。

愛車フィアット・プント・カブリオはソフトトップのオープンカーだったので、ルーフキャリアなどは全く無縁の世界だったのだけれど、次はオープンカーには乗らない予定だ。そうしたら急にこの世界が目の前に広がってきたのだ(大げさか)。
カタログを見ていると色々なアタッチメントがある。ルーフボックスひとつでも長さ・大きさで色々なタイプがあるし、スキーキャリアもサイクルキャリアなども豊富だ。眺めていると夢が膨らむのだけれど、そんなに安いものでも無いのだなと思ったり…。

そして、それでも、やっぱりもう一度適応表を眺めてみると、輸入車→フィアット→プント。あった! しかしそこには冷酷なひとこと。

「カブリオレは適合なし」

当たり前か。(笑)