1000kmパンダ先週の大鬼谷キャンプでめでたく走行1000kmとなったパンダ君。新車で1000km走ったらオイル交換が定説だし、是非これは実施したい。このキャンプでかなりの距離を乗ったこともあり、走行キロは1300kmに達しようとしていた。昨日ディーラーに電話をしたところ、オイル交換+初回点検もやってくれるとのこと。
なので昼前からディーラー(アレーゼ広島改めアルファロメオ広島/ワールドモータース広島)に車を走らせた。

147+アレッシー昨日まで仮店舗の営業だったようだが、本日から店舗も工場も新装スタート。なんと縁起がいい。店内はやたらとキレイになって広くなり、アルファロメオやフィアットの新車が何台も展示してあった。フィアット・パンダの限定車、アレッシーも飾ってあった(写真左)。この配色、カタログやwebで見ると「ゲッ」と思うけど、実物はナカナカ色のセンスも良かった。でもサスガにこれを乗りこなす自信は無いなあ…。
右のアルファ147はいつもながらカッコイイ。プレミアムコンパクトとは良く言ったものだ。BMWやベンツが追撃しているが、これは日本車には無いジャンル。もう少し自分自身に風格がついたら、アルファにも乗ってみたいと思った。

パンダペダルカーそれらの車と並んで、フィアット・パンダのペダルカー(子供用の足こぎ自動車)も飾ってあった。
ディーラーの方曰く「一番試乗のご希望が多いのがコレなんです(苦笑)」
…確かにカッコイイ。値は張るが趣味がいい玩具だと思う。乗ってみたくなった。(無理だ!)
更に別の方が「私の子供にアルファのペダルカーを買ったんですが、ミラーは取るわハンドルは取るわ…」
現実はそんなもんかもしれない。
でも、我々に子供がいたら…、やっぱり買っているだろうなあ。

完了パンダそんなこんなでオイル+エレメント交換+各部点検が完了。全く異常なし。バッチリ。前回のプント君もトラブルが少なかったけど、今回のパンダ君も当たり車だといいなあ。
工場長曰く「クラッチがガクガクいうようになったら言って下さい」とのこと。この車、乾板クラッチ式のセミATなのだ。要は5速MTのクラッチ操作を機械がやってくれると考えたらいい。なので車によってはクラッチの調整が必要だったりするようだ。まあ、その分、走行時のダイレクト感であるとか、燃費が良いであるとかのメリットはあるのだけれど。ちなみに、燃費に関して言えば、前回のキャンプでは17.0km/lを記録。慣らしが終わればもっと良くなるらしいけど。現状、街中では13〜14km/l位。勿論、これも更に良くなることを期待。

バラの花とブラッドオレンジジュースオープニングフェアということで、我々もノベルティーを頂いた。当然のことながら100%車は買わないのに(笑)。初日だったからかもしれない。ラッキー!
薔薇の花一輪とブラッドオレンジジュースだ。薔薇の花はカミさんへ。今回、車を購入するにあたり、ディーラー周りをして思ったこと。とにかく車のディーラーは、どこのディーラーも、奥様に対しては物凄く気を使うということ。私めも感じたし、カミさんもそう言っていた。
薔薇はカミさんが一輪挿しに挿して卓上に飾っていた。ブラッド・オレンジジュースは二人とも大好きだし、ナカナカ気の効いた満足度の高いノベルティーだと思った。感謝! 
その後、「はっぴ」で美味しい蕎麦を頂き(夏なのにメチャクチャ美味しい蕎麦だった)、少し足を伸ばして買い物をして帰路についたのでした。

楽しいドライブだった。