f174f845.JPGこの3連休は、キャンプの予定であったが、台風17号(サンサン)の接近に伴い、中止することにした。凄く楽しみにしていたのに。まあ、自然との共生がキャンプだとしたら、無理に自然に逆らうこともあるまい。また来週でも再来週でも行ける時に行こうと思う。
そんなこんなで、外も雨だし、朝からスモーカーの掃除をすることにした。実は、前回のキャンプで使った時に掃除しなかったので、いつかは掃除しなくては…と思っていながらホッタラカシになっていた。
風呂場でマジックリンとスポンジで汚れを落とす。面白いように汚れが落ちた。キャンプ場で洗剤や重曹を使って落としてもソコソコ落ちるけれど、やはり「しつこい汚れにマジックリン」というだけあって効果はテキメンだ。
スモーカーも、前の汚れが残っていると、食材に渋みが移ったりするらしい。道具のメンテナンスは大切なのだなと思った。

このスモーカー、ステンレス製で汚れや腐食にも強いし、上下の長さもタップリあって本格的だ。何と言っても折りたたむとコンパクトになるのがありがたい。あえて言えば、前扉が上下に分割していたら、スモークチップやウッドの継ぎ足しが便利だと思うのだけど。
とにかく、本格スモークの入門用に最適なスモーカーだ。持ち運んでキャンプ場で…と考えた場合、これが一番いいだろう。確かに値も張るけれど、何度も使うことを考えれば、決して高く無いと思う。



ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングスモーカー FS−600




ユニフレーム(UNIFLAME) フォールディングスモーカー FS−600





ちなみに収納袋もあった方がいい。キャンプ場でマジックリンでスモーカーを洗うのは、環境にも良くなさそうだし、とりあえずざっと汚れを落として持って帰って家の風呂場でマジックリンで洗おう。そうなると使用後に臭いがついたスモーカーをそのまま持って帰ることになる。狭い車内では臭いも気になるものだ。この収納ケースに入れれば臭いも車内に洩れないし、丈夫で使い勝手がいい。



ユニフレーム(UNIFLAME) スモーカー収納ケース600




ユニフレーム(UNIFLAME) スモーカー収納ケース600





そして温度計も必要だ。±1℃の温度管理は不要だけど、ざっくりとした±5〜10℃くらいの温度管理はできたほうがいい。やっぱり専用のものが一番安心だ。



ユニフレーム(UNIFLAME) スモーカー温度計




ユニフレーム(UNIFLAME) スモーカー温度計





このスモーカーで作ったベーコン。一度作って食べたら最後、また作って食べたくなる魔法のベーコンだ。以前までは余裕が無くて作成途中の写真を撮っていなかったけど、少しづつ撮り溜めているので、作り方等はいづれどこかで公開しようと思う。