November 05, 2006

ログハウス泊

パンダ後ろ11月3日〜5日の3連休は、カミさんの友人が東京から2人遊びに来た。以前から毎年のように遊びに来てくれていて、以前は宮島や岩国、尾道や竹原に連れて行ったのだけれど、もうネタが無い。
で、思いついたのが大鬼谷。実は我々夫婦が一番行っている所が高野町なのだ。同じ東京出身者なら喜んでくれるに違いないという、半ば一方的な提案にも快諾してくれたのでログハウスを確保。3日の晩は我が家に宿泊することにして、4日の1泊の予定で予約した。
実は大鬼谷のログハウスに泊まるのは我々も初めてのこと。勿論これ幸いという想いもあったりでとても楽しみにしていた。
久しぶりにパンダ君にジェットバッグを搭載。狭い車内に大人4人乗車で大鬼谷へ。



ログハウスこれが今回の寝床。ログハウス「いちょう」。ナカナカ感じがいい。この手のログハウスが6棟建っている。オートキャンプ場のAサイトの奥の少し高台になっているところ、山裾に段々に建てているような感じ。
外に作りつけのベンチとバーベキューコンロがあるし、ポーチも広い空間がある。その前にはちょっと焚き火をするくらいの空間もある。ログハウスによって個体差があって、他のログハウスでもっと広い空間が確保されているところもあった。
駐車場からは20〜30mあるので、荷物を運ばなくてはならないけれど、まあそれも苦にならない。

ログハウス室内室内は広い。6人用となっているけど。上にロフトがあって、ここに寝れるようになっている。ロフトの上に布団や毛布が準備されており、管理棟で枕カバーとシーツを受け取りそれで寝ることができる。
実は、カミさんと友人の計3人がロフトで寝て、私めは1階で寝たのだけれど、1階は底冷えがする。毛布は暖かいのだけれど、冷気が敷布団から襲ってくる。なので、銀マットなどを布団の下に敷くなどの底冷え対策が必要かもしれない。
また、テーブルの周りにはじゅうたんが敷いてあるけれど、靴下で台所のあたりを歩くと足が冷たい。これからの季節、スリッパなどの室内履きがあったほうがいいと思う。勿論、テーブルの下にホットカーペットを持ち込んで敷いたら快適空間になるだろう。
台所にはやかん・フライパン・鍋(カレー用と雪平鍋)や、ターナー・お玉・包丁とか、コップ・食器(金属製)が準備されている。冷蔵庫には冷凍庫もあるし、炊飯器もある。流しはお湯も出るし、洗剤やスポンジも置いてある。
流しの他に洗面台もあるし、トイレはキレイな洋式。暖房は石油ファンヒーターが1台。
本当に至れり尽くせりだ。
実は、食器類や洗剤などは無いだろうと思って持ち込んだのだけれど、使わなかった。

ログハウスからの景色これがログハウス「いちょう」の窓からの景色。
少し高台で、普段あまり見ない角度から芝生サイト方面を臨む。ナカナカいい感じではないか。これが雪景色になったら…など考えると、今から楽しい。
このログハウスなら、装備もそんなに要らないし、トイレがあるので大雪が降っても安心だ。雪の季節に泊まるのにいいかもしれない。


ツリートンネル毎度のツリートンネル。山の紅葉はもうひとつだったけれど、ここはいつも美しいと思う。







Bサイト方面へ散歩。こちらも美しい。Bサイトの林間サイトには何組かのキャンパーが設営していた。
BサイトへBサイト下から








もみじBサイト(芝生)のもみじ。








前回青才りんご園で売っていたアップルパイが実に美味しかったので、今回は直接ふじのやに予約して買うことにした。やはり実に美味しかった。季節によって使うりんごも変えるという。今回は陽光だった。(前回は紅玉)
ふじのやパンダアップルパイ









夜は巨大鍋をつついて楽しい夜を過ごしたし、焚き火もやることができた。東京から来た友人も喜んでくれた。それが何より嬉しかった。
11時チェックアウトの後、少し散策してから広島駅に戻った。広島インター通過は午後3時過ぎ。祇園新道もガラガラだった。
広島駅で友人を見送ったのだけど、広島駅は行楽帰りの人でごった返していた。
家に帰ってから夕方5時頃は、広島インターも祇園新道もゲロ混みだった。早く帰ってきて良かった〜。

紅葉は来週か再来週がちょうど良さそうだ。都合がつけば(天候もあるけど)一泊で行きたいと思う。今度はキャンプで。

kumadays at 22:00│Comments(9)TrackBack(0) キャンプ | フィアット NEWパンダ&プントカブリオ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 金星   November 06, 2006 09:44
このパンダ号は、普通車ですか?
というのがうちは、夫婦で別行動が多いので実際は軽二台が重宝します。しかし、全員そろうと荷物のことでそうは行きません。上に乗せるこの箱は軽でも可能なんでしょうか?それができれば一気に軽自動車に傾きますね。
2. Posted by kuma   November 06, 2006 20:40
金星さん>
パンダ君は、登録上は小型乗用車です。大きさは日本の軽自動車より少し大きいくらいです。
確かに軽自動車は税制上も優遇されるし、ランニングコストが安いし、機動力も高くてメリットありますよね。

〜つづく〜
3. Posted by kuma   November 06, 2006 20:41
〜つづきから〜

上に乗せるこの箱は、ルーフボックスとかジェットバッグといいます。システムキャリアと組で揃えることになると思います。
メーカーは、うちはthule(スーリー)ですが、他にもterzo(PIAA)やinno(カーメイト)があります。種類もいっぱいあるし、軽自動車かどうかに関わらず、車種によって適合するかどうかがありますので、各メーカーのホームページか、イエローハットあたりにも適合表が置いてあったと思います。
装着できるかどうかの他に気をつける点は、
1.前後のシステムキャリア間の長さが確保できるか
2.ボックスをつけたときの最大高さ(駐車場など)
3.フロントオーバーハング(視界)
4.リアオーバーハング(リアハッチとの干渉)

あたりでしょうか。

〜さらにつづく〜
4. Posted by kuma   November 06, 2006 20:43
〜更につづきから〜

うちのはtuhleのocean200というタイプです。最大高さは2.1m以内に収まったし、フロントもリアも収まりました。
http://blog.livedoor.jp/kumadays/archives/50672749.html
他にもオートバックスのオリジナルのthuleのジェットバッグ(hirakenさんに教えてもらいました)などもありますよ。

イロイロと悩んでください! 楽しい時間だと思います。
5. Posted by かずかず   November 06, 2006 20:51
ふじのやさんって、HPがあったんですねぇ。
甘さ控えめのケーキで、美味しかった記憶があります。

さぁ、そろそろいい季節ですね。
去年ほどではないですが、可能な限りキャンプに出かけたいと思ってます。
新規アイテムが本領発揮してくれることと願ってます。
また、ご一緒できれば・・・。
6. Posted by hiraken   November 06, 2006 21:18
3連休キャンプ計画してたんですが、突如、休日出張。最悪!!
ログハウスは設備や備品が整ってるんですね。一度は泊まってみたいなぁ。でも大勢でないとな。

ルーフボックスはkumaさんのご指摘の通り、高さ重要ですよね。屋内駐車場は2.1m以内が多いですからね。ちなみにうちは最大高さ2.2mです(>_<)
7. Posted by kuma   November 06, 2006 21:56
かずかずさん>
ふじのやさんのケーキ美味しかったです。あのバースディケーキの画像を見て「これは…」と思ったのがキッカケかもしれません。
いい季節になってきました。今年の紅葉は今ひとつのようですが、我々の季節は落葉してからですからね(笑)。
ニューアイテムも早く持ち出したいでしょう!

hirakenさん>
あー、休日出勤でしたか。お疲れ様でした。
残念でしたね。お会いできると思っていましたが。
ログハウスは、大人4人でも広いような感じでしたが、設備は至れり尽くせりで、とても暮らしよかったです。
全高は大事ですね。本当にアルパークもソレイユも2.1mですから。
8. Posted by 金星   November 08, 2006 06:50
なるほど!!とても詳しく教えていただきありがとうございます。参考になりました。
9. Posted by kuma   November 08, 2006 07:11
金星さん>
確か広の黄帽にも多少はあったと思いますよ〜。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字