November 26, 2006

晩秋キャンプ

表紙今回が33回目の大鬼谷。
先週、雨に降られたにも関わらず、今週も懲りずにキャンプへ。早くから24日(金)は年休取得を目指し、晩秋のキーンと冷えた大鬼谷を存分に楽しもうと3泊4日の予定を立てた。
23日(木)は前日から雨の予報だったけど、夜が明けてみると…、どうにかなりそうではないか。しかも到着してみるとキーンと冷えた曇り空。
これだ…。これが秋のキャンプだ。早速焚き火をして昼飯を食べた。



ツリートンネルツリートンネルもすっかり葉が落ちていた。
今回は3泊4日ということで、大鬼山にも登ったし、足立美術館まで足を伸ばしたり。天候が怪しかったので自転車は持ってこなかったが、Bサイトも神社も雌滝も散歩に行った。そして晴れ空あり、曇り空あり、雨空あり、美味しい料理に焚き火に星空にと盛りだくさんで大満足のキャンプになった。
ただ思ったほど寒くなくて拍子抜けしたところもあったけど、一度は氷点下に下がったし、寒い中での焚き火はとても気持ちよかった。
やっぱりこの季節の大鬼谷はとても素晴らしい。3泊4日の予定を組んでよかった。

紅葉比較前回と同じようなアングルで写真を撮ってみた。日曜から木曜の間でこんなに違うのだ。勿論光の加減などもあるけれど、木々は急速に冬支度をしていることがわかる。こんな四季の移り変わりを楽しめるのが大鬼谷のいいところなのだ。これだから大鬼谷通いがやめられないのかもしれない。

概ね天候には恵まれたのだけれど、最終日は雨が降って、2回連続の雨撤収だったけど、昼までには撤収完了して露天風呂に入って帰ってきたので、そんなに苦にはならなかった。

ちなみに今回は安来に足を伸ばしたこともあって、今回の行程の燃費は20.4km/L。やっぱりストレス無く走ると、かなり燃費がいいのだ。行きは高速利用(半額)帰りは時間も早かったので、下道で広島まで帰ってきた。

帰ってから大きなティエラの外幕をベランダに干した。

「大鬼谷オートキャンプ場」
広島県庄原市高野町

kumadays at 21:10│Comments(0)TrackBack(0) キャンプ | フィアット NEWパンダ&プントカブリオ

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字