e9b9c6b0.JPG昨日、パワーズ広島でユニフレームのカタログを頂いたことにより、ようやく主要4社のカタログを揃えることができた。
昨年はスノーピークのLXシリーズに失望して色々とゴタゴタと書いた。
今年はそんな情熱も無いのだけれど・・・。

ユニフレームのランタンポールの高さ調整締具がアルミ合金へ変更になった。テーブルに取り付けるタイプのランタンポールだ。締具は以前プラだったので、うちのも破損してしまった。これが改善されたのだ。こういう改善はいいことだろう。パイルドラーバーが独占している市場でもあるが、テーブルにポールが付くというのは、考えようによっては便利なのだ。

あと、家で使っているグリルパンが非常にいい感じなので、炭焼きでこれと似たようなものが無いだろうか・・・と考えると、定評があるスノーピークの鋳鉄グリドルということになるのだろうけど、これはいかにもデカすぎる。
鋳鉄グリドルと同様の、ユニセラに取り付けられるような鋳物グリルがあればなあ・・・、あるいは同社なら黒皮鉄板でもいいかもしれない・・・。鋳造するのがいいのか、鉄板を切って抜くのがいいのか・・・。
そんな話を以前アシーズブリッジの店員さんと話をした覚えがある。もしいつか実現されたら・・・これは買うだろうな。
なので、今回のステンレスワイヤー網は見送り。ツインスキュアーは買うかもしれないけど。
実は最近、ユニセラの利用率も下がりっぱなしなのだ。
出したり片付けたりが面倒というのもあるし、簡単に炭焼きをしたいなら、焚き火台が便利だ。そのまま焚き火になだれ込めるし。

あとは、小川キャンパルのテント。実際に見たいなあ。やはり。
昨日、パワーズ広島に行った時も、完全にSPS広島にスペースを割かれてしまって、昨年のようにティエラやアルバーゴの展示をするスペースがなさそうに見えた。私めが見たいのは、やはりシャンティーステイシーだ。ステイシーは以前展示されていたけれど。

昨日、やたらとスペースを取っていたのはランドステーション。MSRのパビリオンのようなやつだ。
この姿を見て、砂漠の中でビュー〜と風が吹きずさむ情景を思い浮かべた。しかもデカイ。デカイなんてもんじゃない。とにかくデカイ。こんなの雨に濡れて持って帰ったらどうすればいいのだろう。もし設営中に強風に煽られたら・・・。そして付属のペグはソリステ40が4本と、ソリステ30が22本(!!)。合計26本も付いてくるって・・・。それを全部適切な位置に打ち込むとしたらそれはそれは大変だ。硬いサイトだったら、いくらソリステだとはいえ、それを26本も屈んで打ち込んだら、それだけで腰痛になりそうだ。1泊2日のキャンプだったとしたら、ノンビリする時間なんてありゃしないだろう。

企業として発展していくには、売上を伸ばすしかない。よってお金を持っている購買層を如何に取り込むかということなのだろう。あるいはお金の無い人から、いかにお金を出させるかということだろう。勿論、私めも後者だ。
更に、いかにユーザーを囲いこむかということになってくるのだろうけど。私めは興味無いが。

いずれにせよ、今、スノーピークのプロダクツにお金を出すつもりは無い。