April 29, 2007

阿武山

阿武山遠景この連休、阿武山に登ってみようと思っていた。写真の左が緑井権現山。右の峰が阿武山だ。八木のショッピングエリアから見える山らしい山だ。
連休前半、おあつらえ向きの晴天。昨年、緑井権現山に登った実績があるので、緑井権現山から阿武山へ行くルートを選択。7時10分頃、アストラムラインの毘沙門台駅から山を目指した。
緑井権現山までは昨年の記事を参照して欲しい。


里見の岩緑井権現山の中腹にある里見の岩より。毘沙門天からはすぐのところだ。ここでもカナリの高さがあり、景色も絶景だ。景色が良いといわれる毘沙門にある人気カフェ「フロート」を見下ろす高い位置にあるのだ。(良く見ると「フロート」が遠くに見える)
ここで朝食をとった。


権現山から市内もう少し登っていく。山頂付近から市内が臨めるところがあって、随分登ってきたなあというのが実感できる。


権現山登山道整備された急坂を登っていくと間もなく山頂だ。山頂へは8時20分頃に到着。山頂はそんなに美しいものではない。昨年咲いていたツツジは、まだ蕾だった。


権現山から阿武山今回はここから標高586mの阿武山を目指す。せっかく標高397mまで登ったのに、下り坂を下るのが勿体無い気がするが、少し休憩して軽快に下り坂を下っていく。


看板まもなくこういう看板が現れる。阿武山までは遊歩道として整備されている。迷うような道ではないな。


トイレ看板の横にトイレがある。今回の行程では最後のトイレだ。所謂ボットンだが、トイレはここで済ませておきたい。
その後、トイレの横の林道(舗装されている)を軽快に下っていく。


遊歩道入り口テレビ塔を過ぎて、オイオイまだ下るのか・・・と思う頃、遊歩道入り口の標識が現れる。ここで林道から分かれて遊歩道へ。8時37分。


遊歩道遊歩道はこんな感じ。チップ舗装で整備されている。整備されすぎという説もあるが。相変わらずどんどん下っていく。勿体無いなあ。なんて。


チップ舗装剥れチップ舗装だが、ところどころ舗装が割れて剥れているところもある。このチップ舗装、チップをゴム系の接着剤で圧縮してあるシートを被せてあるようだ。木材チップはいいかもしれないが、ゴム系の接着剤は環境負荷の面ではどうだろうか。考えてしまった。


峠?窪み?しばらく下って行くと、窪みのようなものが現れる。これが鳥越峠だ。峠というのには可笑しい感じがするが、ここは十字路になっており、左右に走る道にしてみれば峠なのだ。時刻は8時50分。


鳥越峠ここから阿武山山頂まではずっと登り坂だろう。よし気合を入れて頑張るぞ!


しばらく登っていくと、3つの分かれ道に遭遇する。「西回り」と「登山道」と「遊歩道」だ。何だ何だ??

西回り看板一番左は西回りの看板。

西回り登山道これが西回り登山道の入り口。これはいかにも上級者向けのマニアックな登山道だ。参考にした本にも載っていなかった。これは避けることにした。


遊歩道看板一番右は遊歩道の看板。

遊歩道これは引き続きチップ舗装の遊歩道を歩くのだろう。一番楽なのはこのルートだ。普通ならこれを選択するのが無難なのだけれど、ここまで結構歩いてきて歩き慣れたこともあり、遊歩道は行かないことにした。


登山道看板これが中央の登山道の看板。「佐東体協」と書いてあるのが何か不気味な感じがしたが・・・。

登山道やっぱりせっかく来たのだし、醍醐味を味わうべく、この登山道を進むことにした。ザックに仕込んできたストックを伸ばし、手袋を装着してゴー!
この後、何人かの登山客と出会うのだけれど、老若男女みんなこの登山道を通っていた。これを考えると整備された遊歩道の存在意義って何だろうと思ってしまった。


途中から阿武山登山道の途中から山頂を臨む。もう少しかな。

後ろを振り返ると市内ふと後ろを振り返ると、市内の景色がきれいに見える。だんだんと高く登って来たなあと実感できるのだ。ナカナカ気分がいい。


登山道急坂とはいえ、この登山道、ナカナカの急坂だ。ストックが無いとツライだろう。途中、何度も足が上がらなくなり休憩した。


阿文山山頂ようやく9:30頃、阿武山の山頂に到着。今までの苦労が吹き飛ぶ瞬間だ。しかし、山頂と書いてあるのに更に上に道が続いている。行ってみることに。


本当の山頂こっちが本当の山頂。二等三角点だ。


深川方面ここから見えるのは高陽〜深川方面だ。芸備線が通っている。




10時頃、山頂付近から市内方面を臨む。緑井権現山からの景色も凄かったが、阿武山の方が標高が高いだけあって、サスガにスゴイ絶景だ! 持ってきたビールを1本飲んだ。暫し休憩して、登って来た道を鳥越峠まで戻ることにした。


鳥越峠から下り鳥越峠を左折、七軒茶屋駅方面に向かう。ここは遊歩道のように整備されておらず、ナカナカハードな下り坂だ。ストックはあったほうがいいと思う。これは相当な下半身の鍛錬になりそうだ。


沢しばらくすると沢を跨ぐところがある。これ以降はせせらぎの音を聞きながら軽快に下っていく。ここでも何人かの方とすれ違った。
その後、民家が見えてきて舗道に出る。可部線や旧国道が通る街中に戻ってきたのは11時前後だった。


山頂で登山客の方から聞いた話だと、西回りもナカナカいいらしい。距離が少し長くなるらしいが、裏手からぐるりと回るらしいのだけれど。
また、更に縦走すると、太田川の川原に出るルートがある。これもいいらしい。けど降りた後に交通機関が無いのだけれど・・・。

今回登った阿武山。
かなり急坂で辛かったけれど、何か魅力のある山だなと思った。多くの方が登る理由が解ったような気がする。
再びこのコースを登ってみたい。そういう思いを抱かせる山であった。

その後、家に帰ってシャワーを浴びた後、広島市民球場へ向かった。

kumadays at 11:58│Comments(0)TrackBack(0) トレッキング・その他散歩 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字