大鬼谷サイト2007_05昨年と全く同じスケジュールで望んだ今回のキャンプ。同じく2泊3日で、曜日は金〜日から土〜月に替わったけれど、それ以上に違っていたのは天候だ。なんと天気予報は晴れ!

今回もキャンプ場一番乗り。今回はお気に入りのしらかばサイトに入ろうかなと思っていたら、管理人さんから「しらかばは草ボーボーで今日はクローズします」という非情なお達し・・・。う〜ん。そしたら川の音が聞こえる、林間サイトの川沿いがいいだろうと、3回連続で同じサイトへ。
天気予報で晴天が予想されたこともあり、写真の通り装備は軽くした。一応大型のタープも持参したけれど出す必要が無かった。
土日は、多少黄砂が混じっていたが、最終日の月曜日には黄砂も晴れて、大鬼山の山頂から絶景を望むこともできた。

装備が軽いと気分も軽くなってくるから不思議だ。自転車を持っていかなかったのは少しだけ後悔したけれど、爽やかな風の中、しっかりとリフレッシュすることができた。



管理人さん曰く、金曜日の雨で葉が開いて、この週末は最高にキレイな新緑だろうとのこと。いい時に来ることができた。当初は7組程度と聞いていたけれど、どんどんキャンパーも増えていき、最終的には10組以上入ったのではないか。



今回もベーコンを作ったけれど、それだけでなく、ラム肉のスモーク(写真)にも挑戦してみた。100度の高温で2時間。いい感じにできた。
1日目の夜は、かずかず家にお誘い頂き、総勢16名+2匹の賑やかで豪勢な食事になったので、たくさん作っておいて良かった。







本当にどこを見ても、どこにカメラを構えても、キレイな風景が広がる。途中でカメラのSDカードが無くなってしまった。
2日目の夜はタヌキを、3日目の朝はナントうさぎを目撃した。タヌキは毎回のように見るけれど、うさぎは初めてだった。朝日が当たりはじめた川原にちょこんと佇んでいたのだ。カミさんが見つけて驚くと、ピクっと耳を立てて、ピョコピョコと芝生サイト方面に走り去っていった。筋肉質で茶色のカワイイ野うさぎだった。昨晩、管理人さんに「うさぎとキツネは年一回くらいしか見ない」と言われていた直後だったのでビックリした。
あと、当たり前のことだけれど、野生の動物にはエサを与えないようにしたい。下手すると、どこかのサルのようになってしまう。







3日目の朝、朝食後8時スタートで大鬼山に登った。田植えが終わった後の水田が輝いて、とてもキレイだったし、とにかくいい運動になった。10時頃サイトに帰ってからゆっくり撤収した。

以前運営していた「kuma-usa-camp」というホームページで、広島のキャンプのホームページの世界に入って、色々な方と知り合った。そこでは確かに楽しいこともあったけれど、必ずしもそうでないことが多々あったりで、結局「kuma-usa-camp」は、昨年2月にクローズさせた。
それ以来、キャンプで他の方と共に行動することを避けていたところもあったのだけれど、今回、楽しい皆様方と一緒に夕食を頂くことができて、素直に楽しむことができた。我々は少し早めに失礼したけれど、本当に楽しい夜だった。感謝。

「悪いことばかりじゃないよ」と大鬼谷の神様が言ってくれているのかな。
と、新緑の中で色々なことを思い出していた。

今回の燃費は19.5km/L。