パンダ到着9月下旬だというのに毎日うだるような猛暑が続く毎日、この3連休は、夏の長期キャンプ以来、一ヶ月振りのキャンプに出かけた。
昨年の9月も全く同じ日程でキャンプに行ったのだけれど、そのキャンプがとても楽しかったので、何となく同じ時期に予約を入れておいたのだ。

青空だけど、良く考えてみたら昨年は3連休ではなかった。休みをとって3連休にしたのだ。なので人が少なかったというのもあったけど、昨年のキャンプは本当に楽しかったのだ。
9月の3連休というと「夏休みの余韻再び」ということで、キャンプ場も大混雑する。今回も満サイトだった。ひとが大勢いれば、イロイロなひとが居る訳で、ここではこれ以上は書かないけれど、やはり我々は、あまり人がいない大鬼谷が好きなのだろうなと思った。
今回も昨年と同様カメラを忘れたので、携帯のカメラでご勘弁を。

川昨年の文章を読むと、朝は10度を切ったような話も書いてある。今思えばビックリ。何故なら、今回は10度を切るどころか、ナンボ下がっても17度前後だった。確かに異常気象かもしれない。ここしばらく雨が降ってないせいか、川の水が少なくて川の音も小さめだった。

今回は久しぶりにベーコンを作ることにした。また初日の晩は赤ワインのすき焼きなるものを作って食した。写真が無いのが残念なんだけれど・・・。
で、これらに気を取られて(?)2日目の朝食を全く何も買っていないことに気がついた・・・。
食材が買える「はしなかや」は9時から。なので朝7時を待って「りんご畑」に車で行ってみた。確かモーニングをやっていた筈だ。が、着くと朝8時からの営業。ガーン。
1時間ドライブすることも考えたけど、お腹もすいたし、とりあえず母さん市へ行ってみることに。
栗ごはん山菜おこわ大根の漬物
母さん市は既に営業していた。美味しそうな栗ご飯やおこわ、漬物などが売っていたので、「ありがたや〜」とばかりにイロイロ買い込んで、サイトに戻ってお湯を沸かして食べた。美味しかった〜。あっという間に無くなった。
キャンプの朝食はこれでいいやなんて思った。

2日目の昼は自転車で、3日目の朝は朝食後に散歩がてら母さん市へ。実は3日目の朝に大鬼山に登ろうと思ったのだけれど、雨が降ってきたので中止したのだ。その代わりの散歩というわけ。
道中の田んぼがとてもキレイだった。毎日暑いけれど、黄金の田んぼを見ていると「秋なのだなあ」と実感できる。
たんぼ2たんぼ3
たんぼ4稲穂2
そして良く言われることなんだけれど、車で通りすぎるのと、自転車で流すのと、歩いて見るのでは、全く同じ景色が違ったように見えるのだなと改めて感じた。自転車も気持ちいいけど、発見が多いのは歩いて見るのが一番だと思う。
特に、カネさん夫妻とご一緒した3日目の朝の散歩は、イロイロな発見があって本当に楽しかった。

撤収日は、朝に雨が降って、その後はたまにパラパラと降るくらい。
散歩から帰ってノンビリ乾かしながら片付けをしていたら、最後に大雨に降られてしまいテントはびしょ濡れ・・・。

しかし、撤収時に雨で冷えた体は、露天風呂が温めてくれた。この露天風呂で気分が爽快になった。

本当に大鬼谷はいいところなのだ。

そして、今度は、もっと寒い季節に静かな大鬼谷を楽しみに来たいと思う。

今回もお世話になった皆様、本当にありがとうございました。

大鬼谷オートキャンプ場
広島県庄原市高野町