October 14, 2007

JR西日本芸備線備後庄原駅

備後庄原駅駅舎正面時間があったので、ブラリと備後庄原駅に寄ってみることにした。以前、数年前に一度だけ仕事のついでに寄ったことがあったのだけれど、立派な駅舎が印象に残っていたのだ。いつも行く大鬼谷オートキャンプ場も庄原市なので、一応本来なら最寄り駅となるのだけれど、大鬼谷に行く人はおろか、高野町に行くひとが何人この駅を利用するだろうか。




駅周辺地図地図を見ると、一応庄原市街に近いところに駅はある。バスセンターも駅の近くにあって長距離バスも発着するし、駅の立地としては悪くないと思う。

ロータリー商店正面の通り
一応、ロータリーにある商店は営業しているが、人通りも無く閑散としている。すぐそこの交差点の左右にも商店はあるし、まっすぐ行けば商店街のようなものもあるし、市役所も近いのだけれど、がらんとしていて寂しいのだ。

改札改札口は立派だし、トイレもきれいになっていた。出札口はあるが、委託駅となっているため、みどりの窓口では無いし勿論ICOCAの設備も無い。

閉鎖型待合室改札の右側には待合室があった。扉が閉まるようになっている。やはりこのあたりも冬は寒いのだろう。その名残だ。

時刻表これが一日の列車だ。たったこれだけなのだ。以前までは広島迄の急行も通っていたのだが、今はもう走っていない。芸備線の運用もぶつ切りとなっていて、芸備線を直通する列車は無いのだ。なので備後庄原駅の下り列車(広島方面)は全て三次行き、上り列車(新見方面)は全て備後落合行き(内一本は備後西城止まり)ということになる。

構内ホーム駅舎の横に出て構内を臨む。駅舎の前のホーム+島式ホームで3面。単線の丙線規格の芸備線で分岐駅でも無い駅で考えれば破格の設備だ。さすがこの地方の中心駅だ。構内も広く、かつては貨物列車も多く発着したことが想像できる。

キハ120到着そうこうしていたら、備後落合行きの列車がやってきた。10時40分発上り354D、キハ120単行だ。萩駅といい、玖珂駅といい、何故かブラリと立ち寄った駅に列車が来ることが多いのだ。それも写真を撮ってレポートにまとめようと思っていると来てくれる。やはり駅に列車が来るのは嬉しい限りだ。
時刻表から推測して、列車交換も一日1回あるだけだから、駅舎の方のホームに停めればいいのに、上り列車は橋を渡って反対側の、しかも一番外の3番ホームに停車した。中間の2番ホームは折り返し列車に使用している。未だ大駅の風格を残しているのか。でも乗降客はそれぞれ3人程度だった。

キハ120発射構内を通過するキハ120を見て驚いた。車内には結構乗客がいる。座席は結構埋まっていたし、ノンビリ列車旅を楽しんでいるであろう一行も見かけた。どこまで行くのだろうか。いずれにせよ庄原には用無しか。

キハ120構外備後落合方面の山に向かってキハ120が走っていく。こう見ると、庄原市内というのは結構な盆地であることが分かる。

ロータリーからのタクシーロータリーに戻ると、ロータリーにタクシーが待機していた。列車が到着する前には必ずロータリーで待機する決まりなのだろうか。残念乍らタクシーを利用する降車客はいなかった。

三次方面からの構内三次方面にある駐車場から構内を臨む。ずいぶんと草ボーボーだ。同じ県北の三次駅に比べると凋落具合が激しい。それは、三次市と庄原市の発展具合の差であるとか、三次駅が広島駅への直通列車があって、利用客が多いことも大きく関係していると思う。この備後庄原駅は、残念乍ら、本来鉄道が持っていた中・長距離運送の役割を果たしていないのだ。何か空しい駅訪問となってしまった。
昔は、芸備線経由で広島へ、伯備線経由で岡山へ、木次線経由で松江へと優等列車が走っていたのだけれど、寂しい限りだ。

パンダ号と書いている私めも、ここまでは自家用車で来た。何とも言えない気持ちを抱きながら、帰路についた。

『注意』
鉄道写真を撮るときは、鉄道用地や「立入禁止」と書いてある場所に立ち入っての撮影は大変危険です。立ち入らないようにしましょう。

kumadays at 15:00│Comments(0)TrackBack(0) 鉄道・鉄道模型 | 訪問・旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字