January 10, 2008

めがひらスキー場

タイトル予定今シーズンは年末年始に雪が降った。それ以降は降る気配すらないし、週末の天気予報は北部も雨・・・。普通は雨となっていても山沿いは雪が降るものだけれど、去年・今年は何が起こるかわからない。そんなに寒くないし。
こうなりゃ雨が降る前にいっちょ滑っておくかと、年始気分が抜けきらない今週、一日仕事に穴をあけて休みを取得。
実は、先週の日曜日に松笠山(レポート)に登って、太ももとひざが筋肉痛なのだけど、頑張ってスキーに行くことにした。


今回は一人でスキー。年末年始から雪が降っていないことを考えて、スキー場は人工雪の設備が整っているめがひらスキー場にした。めがひらは南向き斜面なので、気温が上がって雪がデレデレになる前にブリブリ滑るべく、朝早く出ることにした。めがひらは3回目かな?
オープンも11月と早く、関東で言うと野辺山あたりのイメージかな。ゲレンデレイアウトは違うけど。

パンダ号朝の散歩に起きる時間と同じ5時過ぎに起きて準備開始。6時過ぎには広島インターから高速に乗り込んだ。
「朝飯はSAかPAでそばでも食べよう♪」・・・と楽しみに沼田PAに入ると・・・・、
なんと営業は7時から。ガーン・・・・。久地PAも同じく7時から・・・。
ここを過ぎると吉和ICまで食事ができるPAは無い。
「ああ、朝飯食いっぱぐれか・・・?」
「反対方向だけど安佐SAに寄り道しようか・・・」
「そしたら行き先を瑞穂に変えるか・・・?」
・・・と、色々頭をよぎったが、とにかく吉和ICまで走ることにした。何とかなるだろう。
ラッキーにも吉和IC降りて直ぐにデイリーヤマザキがあって営業していた。良かった〜。おにぎりと暖かいお茶を買い込んでスキー場へ。
7時過ぎにはスキー場へ到着。既に何台か到着していたが、いい場所に駐車することができたので、車中でおにぎりを口に押し込んだ。

センターハウスセンターハウスは既に営業していた。レストランも営業していたようだが、なんか牛丼やらハンバーグやらステーキやら、非常にヘビーなメニューしか無いし値段も高いし。コンビニのおにぎりで正解。
リフト券も既に自販機で販売していた。9時間券を購入すると、平日は温泉+クワガーデンが無料になるのだ。色々と損得を考えてリフト券は9時間券を購入。
用品やお土産ものも色々と売っていた。液体ワックスがもう無くなっていたので購入した。ああ、市内で買っとけば良かった。
ブーツを履いてゲレンデへ。一番のリフトは8時に動き出す。もう既に待ち客が居るだろうと思ったが、乗り場はガラガラ。誰も居ない。駐車場の車の主はいったいどこにいるのだろう。
で、時間があったのでトイレへ。トイレでノンビリしていたら「ただいまよりリフトの運転を開始します」の放送。あ、一番を逃した・・・。

朝一リフトもうリフト前は黒山の人だかりだろうとトイレを出たが、数人しかいない。本当にみんなどこに居るのだろうか。
さすがに上に着いたら既に何人か上っていた。

初滑り「さぁ!行きまっせ〜」
・・・
しかし、ブログをアップした後に初滑りだったことに気がついた(笑)。更に入念に準備運動して、最初は脇の緩やかなコースを降りることにした。なのでバージンシュプールは描けなかった。残念。
このリフトをブリブリ滑った。朝は狙い通り雪が締まっていて気持ちいい。滑っていたら涙が出てきた。

ゲレンデマップこのスキー場は、広島地区には珍しく縦長のレイアウトだ。(webのコースマップ)朝8時に動くのは、一番下のチャレンジリフトだけだ。
今日はコースコンディションの関係と平日ということから、パークリフトとビギナーリフトは運休。

クワッドリフト朝9時から、めがひらクワッドリフトが動き出したので上へ。やはりクワッドは速い。だから休憩なしで連チャンで滑っていると段々と足が辛くなってくる。なのでコース途中で休憩を入れたり、休んでコーヒー飲んだり昼食食べたり、自分でペースを作ることを考えた。もう若くないのだし。

上からの景色上からの景色。実はリフトを降りてダウンヒルコース(上級者コース)を少し滑ったところにこの眺望が現れる。勿論、雪が降った直後のピーカンだと、もっともっと美しい景色になる。
今日は少しガスっていたので、午前中はキレイに撮れなかった。この写真は3度目の正直で昼過ぎに上級者コースに行った時のことだ。
このコース、途中からクローズしていることもあって、あまり人が居ないのだが、私めがそっちに行くと、なぜか何人かがつられるようにやってくる。そしてこの斜面を見て表情が曇る。
腐れ雪の不規則コブだ。疲れるだけなので出来れば滑りたくない斜面。私めは眺望が目的なので、こんなコースはまともに滑らない(笑)。気合入れて滑ったら脚が疲れるだけ。ここで体力を使うのは勿体無い。

でも、結局昼過ぎには雪がクタクタになってきて、脚もクタクタになってきたので1時頃には上がることにした。
「あと一本」というところで止めるのがスキー・・・と昔の人は良く言ったものだ。仕事休んでスキー行って怪我でもしたら目も当てられない。

帰りに温泉+クアガーデンに寄って汗を流し、カミさんへお土産を買って、めがひらを後にした。

雪質は良いとは言えなかったが、非常に充実した初滑りだった。
去年1年分(2日のみ、瑞穂1 瑞穂2サイオト)は間違いなく滑っただろう。

今年は何日滑れるだろうか。

kumadays at 21:30│Comments(4)TrackBack(0) スノーシュー・スキー・ウインタースポーツ | フィアット NEWパンダ&プントカブリオ

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by カネさん   January 10, 2008 22:50
平日スキーは良いですね〜
私は今,まさしく今月のビーパルに載ってる「スキー休眠層」状態です。
2. Posted by kuma   January 11, 2008 07:38
カネさん>
良かったです。これから会社に行くのが怖いです。
「スキー休眠層」ですか。BePal立ち読みしてみます。確かに、かつてのバブル〜スキーブームの時はスキー人口はものすごく結構多かったですからね。
3. Posted by hiraken   January 11, 2008 07:56
十数年前は平日でも長蛇のリフト待ちや、休日には駐車場確保のために前夜から出掛けてたなぁ。
やはりスキー、スノボー人口はだいぶ減ったんでしょうね。
ちなみに私は休眠してませんよ。
4. Posted by kuma   January 11, 2008 08:05
hirakenさん>
どうしてもあの時のイメージが抜けないです。今でも瑞穂の休日の朝のゴンドラは列になりますが、実人口としては減っているのでしょうね。
今年も雪が少ないです。タイミング良く出かけてください。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字