f8f2d87a.jpg自分自身の、
○○ゆえの過ちというものを・・・。