雪合戦開会式昨年の第10回大会を観戦し、雪合戦観戦の楽しさを知ったことと、やはり大鬼谷オートキャンプ場の管理人さんが出場していることもあって、今年の第11回広島県雪合戦大会も少し観に行くことにした。
今年は昨年よりも会場も立派になり、雪もしっかりあったので、いい環境だったのではないかと思う。
昨年、全国大会準優勝の「赤い彗星」はシードで県大会には出場せず。レディース3位の「美異茄子」もシードなのか、今日の表には名前が無かった。
なので今回の応援の対象は「TEAM96」。広島から初の全国大会の上位入賞を果たした伝説のチームで、県大会への出場は10年振りらしい。いつもお世話になっている大鬼谷オートキャンプ場の総支配人、須安さんが所属している。

選手入場コートに選手入場。先ほど(12時前)までキャンプ場の受付で我々のチェックアウトをしてくれていたのに。
「そろそろ行かないと間に合わないんじゃないんですか」
「そうなんですよ。お昼食べて行かないと・・・」
でも、しっかりと1時10分からの試合に間に合っているあたりはサスガだと思った。

アップポジションを確認しながら、シェルターを使ってアキレス腱伸ばし。カッコいいですな。

試合開始!いよいよ試合開始。
開始早々、相手チームを何人かアウトに。すごい。サスガは伝説のチーム。

潜める開始早々リードしたこともあって、前半は持久戦。先ほどアキレス腱伸ばしをしたシェルターの後ろで相手の様子を伺いながら、時折鋭い雪球を投げる。

敵陣へコートチェンジして後半へ。
なんとアグレッシブに敵陣へ侵入。何の因果か再び先ほどアキレス腱伸ばしをしたシェルターに身を潜める。しかも、今度は雪球を拾ってガンガン攻撃している。鋭い雪球を投げる度に、ギャラリーから「お〜」と歓声が上がる。

アウト〜と思ったら、相手の雪球が当たってアウト。残念。
いやいやアグレッシブな攻撃、お見事でした。

勝利の喜び結果は完勝。おめでとうございます。


次の試合は15:10から。サスガに2時間つぶすのはツライということで、管理人さんに挨拶をして失礼することにした。
「いやいや、ヘロヘロ球で・・・」
見ていた限り、そんなことはありませんでしたよ。

健闘を祈りながら、たかの温泉神の瀬の湯で冷えた体を温めて、帰路についた。

広島県庄原市高野町