April 29, 2008

武田山再び

00タイトル予定先日4月20日に弥山に登ったばかりだが、季節もいいし、比較的手軽な武田山に登ることにした。なんとこの4月は3度目の登山になる。

今回はカネさん夫妻とカミさんと4人のグループだ。そして、またしても天候に恵まれた。

アプローチや登山ルートなど、詳しくは前回の単独行動のときのレポートを参照。


01ルートマップJR下祇園駅へ10:00集合で憩いの森へ。憩いの森の上にある看板を写してきた。これが下祇園方面の地図では一番解り易いような気がする。今回は散策路で登り、東山本登山道で下りることにした。

山頂へは11:30に到着。

02沼田方面沼田方面。

03古市方面古市〜中筋方面。

04市内方面市内中心部方面。良く見渡せる。
武田氏がここにお城を建てた理由がわかるような気がする。

cc09cdba.jpgaf5984e2.jpg
山頂で昼食。少し日差しはあったが、山頂は思いのほか居心地が良く、その後もお茶を飲んだりマッタリと過ごした。

05道標14:10分頃から下山。今回は前回と違って、登りとは違うルートで下る。火山方面の縦走路を行くとしばらくすると分岐点が出てくる。これを「東山本登山口」方面へ向かう。

06観音堂跡14:18観音堂跡に出る。少し開けた場所だが、特に何も目新しい物はない。

07東山本登山道下山道はこんな感じ。登山道もそうだったが、新緑がキレイで気分がいい。木々が日差しから守ってくれるので、そんなにジリジリとした暑さも無いし。

08上高間下高間14:22頃、上高間と下高間の分岐点に来る。先ほどの地図を見ると、上高間は行き止まりとなっているが行ってみる。

09上高間から市内いやいや、そこは絶景だった。岩があってその岩に登ると尚更の絶景だ。
こちらは市内方面。

10上高間から祇園こちらは祇園方面。山頂に勝るとも劣らないような景色が広がっている。

11上高間から古市古市方面。岩の上で爽快感を堪能した。少し怖かったけど。

その後分岐点まで引き返し、下高間や馬場跡を通り過ぎる。途中、キレイな竹林やイロイロな植物があって、イロイロと楽しめるコースだ。途中分かれ道もあるが、徹頭徹尾東山本登山口を目指す。

12東山本登山口入口15:10分頃、東山本登山口に出る。

14下山道13新緑
ここからは舗装道路なのだが、ここから暫くの道が川沿いの下り坂で新緑もキレイだし、とても気持ちよかった。こちらに下りてきて正解だった。

15鹿ヶ谷三段滝なんと滝が。鹿ヶ谷三段滝と看板があった。滝の音とマイナスイオンが心地よい。

16山本の街並15:25分頃、街並みに出てきた。

ここから下祇園駅まで20分程度だ。
途中、お茶を飲んだり買い物をしたり。ノンビリ楽しく下祇園の駅までの道中を楽しんだ。下祇園駅に着いたのは17:00頃だったか。

この武田山、そんなに標高も高く無いが、急坂もあり景色もよしで醍醐味は充分味わえる。またアプローチの道中も、畑があったり、花が咲いていたり、鳥が飛んでいたり、ナカナカいい山なのではないかと思う。

ここも、また登りたいな。

kumadays at 20:00│Comments(0)TrackBack(0) トレッキング・その他散歩 | 訪問・旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字