PICT0007今日はアルファロメオ広島へ。パンダ号2度目の点検。もう納車されて2年。早いなあ。
去年の点検時は色々とフェアをやっていたが今年はなし。

0b2f9a2f.jpgそのかわり?店内には目玉のFIAT 500が展示されていた。ジャイブブルーという色か、とてもいい色だった。

5ba6b8cb.jpgb8592ba5.jpg
実は下回りはパンダ号と共通なのだ。なのでシートに座った感じも良く似ている。しかし、ドアの質感は高級車みたいだし、インパネ周りも凝った作りになっている。シートも出来が良くてすわり心地がいい。
後席は狭い。私めが座るとクビが伸ばせない。パンダ号は伸ばせる。これが唯一の弱点だが、パンダ号と同じ下回りなら、燃費もスゴく良いはずだし、良く走るはずだ。デザインもかわいいし、ある意味最強の小型車ではないか。
訊いてみたら予想通り大人気で、かなりのバックオーダーを抱えているらしい。今年初めに発注された車がボチボチ納車されているとのことなので、半年〜1年くらいとのこと。
これから街に出てくるのが楽しみだ。


05d0d9bc.jpg白い試乗車が用意されていた。試乗しているひとは居なかったが・・・。

820d33cb.jpg点検は2時間くらい掛かるというので、古江の駅から広電に乗ってアルパークに行った。雨は降りそうで降らない天気。昼飯を食べた後無印商品へ。無印商品週間なので色々と買いこんだ。
アルパークはペデストリアンデッキがあって非常に便利だ。広電やJRの駅も繋がっている。広島でペデストリアンデッキがしっかりあるのはアルパークだけだ。(緑井駅周辺も一応そうか)
広島駅もASSEとエールエールA館の間がペデストリアンデッキで直結され、その高さで新幹線側への自由通路があったらもっと便利になるのに。勿論ペデストリアンデッキからバスターミナルや電停にも降りることができるようにする。
新幹線を降りてちょっと帰りに寄り道、特に立ち読みしたくなった場合、3階の高さから地下に降りてエールーエールA館へ行くのがかったるく感じるのだ。それがASSEの改札を降りてその高さで向こう岸へ行けたら、どれだけ便利だろうと思う。
まあ、それは夢のような話ではあるのだが。

2008_06_21パンダ号点検古江の駅からアルファロメオ広島に戻る道中で雨が降ってきた。傘を開いてアルファロメオ広島へ。
今回の点検結果。ネットで良く見かけるバッテリー交換やクラッチ交換は必要なし。但し最初から搭載されているバッテリーは、突然死があるので注意して下さいとのこと。元々電気系は弱いのだろうが、輸出する環境にも問題があるのでないかとディーラーの方。(港〜船積みでかなり長期間車を動かさない)
それと、ウオーターポンプからクーラント液漏れがあるらしい。ウオーターポンプを交換した方がいいとのこと。メーカーへ問い合わせてモノを準備するので準備できたら作業らしい。確かに減りは早いなあと思っていたが、そんなもんだろうと思ってチョビチョビ補充しながら走っていたので。
その時にワイパーブレードも変えてもらおう。

いずれにせよ、このパンダ号はとても燃費がいい車なので、このガソリン代高騰時代に非常に助かっている。先週の九州往復でも20.3km/L。高速や信号待ちのない田舎道を走ると驚異的に燃費が伸びる。

これからも大事に乗っていこうと思う。