c7c72b0a.jpgこの3連休で買ったもの。

これはLoweproのシーラス100というカメラバッグ。本来はショルダーバッグという位置付けだが、もっぱらザックの腰のベルトに固定して使おうと思う。使いやすそうだ。

私めのデジカメは、今は無きコニカミノルタのDiMAGE Z3というモデル。所謂ハイエンドのコンパクトデジカメという位置づけだ。
だいたいこれら市販のカメラバッグは、一眼レフか普及版コンデジを目標に作られている。ハイエンドのコンデジがすっきり入るモデルは少ないのだ。
今日、ビッグカメラにカメラを持って行って、実際にカメラを入れたり出したりして決めた。
ビッグカメラのポイントカードは還元率がいい。

13e71cdf.jpgカメラを入れたらこんな感じ。これでも少し余ってしまうが、まあいいだろう。メディアや予備電池を入れるスペースも別途準備されている。一応防滴加工だから、少々の雨は防げるだろう。酷かったらザックカバーを被せればいい。

c98b2c15.jpgあとはコレ。サポートタイツだ。やはり元祖というかCWXにした。

以前、黎明期のcwxを使っていたときがあった。スキーを真面目にやろうと思っていた時だ。
当然、まだまだ下手だったから変な所に変な力が入っていたのだろう。滑っていると直ぐに足が痛くなった。そこで都内のアルペンで目についたのがcwxというわけ。大枚をはたいてcwxを買った。当時から道具に頼っていたわけか(笑)。
確かにサポートはしてくれたが、締めすぎの感があって色々と弊害があったと思う。まずはふくらはぎが異様に疲れた。(以前はもっと筋肉隆々で太かったというのもあるが)。
それと直ぐに足が寒くなった。何やら血行が悪くなったのかもしれない。
そして就職して右足の靭帯を痛めてから、スキーをする時はテーピングをするようになった。そしたらcwxが負担になるようになった。なのでCXWは捨ててしまった。

・・・その印象があったのだが、今日、福屋広島駅前店で試着したら、別にそんな締め付けられそうな感じはしなかった。実に履き心地が良かった。
やはり20年の歳月で進化をするものなのだ。
これは自分の分とカミさんの分を買った。高かったけど福屋のポイントカードも結構還元率がいい。

土曜日はカミさんの三種の神器(ザック・シューズ・レインウエア)を好日山荘で買いなおした。こちらもポイント還元がある。なんと2000円分の買い物券が出た。

出費はしたけれど、登山を楽しみ、安全を確保するためだと思えば、決して高いものでは無いのだろうと思う。そう思いたい。