September 22, 2008

道後山

PICT0002
道後山。広島県の山を登る本でもトップに紹介されている山。いつかは行きたいと思っていた。が、広島市内からでは若干遠い。でも大鬼谷を拠点に行けば、多少楽に行けるはずだ。今は同じ庄原市だし。
本当は昨日の日曜日に行く予定だったが酷い雨。既にキャンプしているカネさん夫妻とhirakenさん家族に合流する形で現地7時集合。ちなみに広島市内は5時過ぎに出発。


PICT0005準備をして7時15分頃いざ出発!

PICT0007しばらくはこんな林間コースを進む。

PICT00127:40。最初の休憩小屋からの景色。駐車場の車が見える。

PICT00147:44。最初の分岐点に到着。本ではまず隣の岩樋山に登るように紹介されているが、朝食を山頂で頂くこともあり、先に道後山を目指すことにした。

PICT0017
このあたりからずっとこんな展望を見ながら進んでいく。朝の空気が気持ちいい。

PICT00228:04。先ほどの岩樋山からの道と合流。

PICT0024これが岩樋山。後で登ろう。

PICT0029道後山方面の道。草原の中の一本道で気分爽快だ。

PICT00328:10。大池方面の道を分ける。帰りは大池経由かな。

PICT0033再び後方の岩樋山を振り返る。段々と高い位置に登っていくのが解って感慨深い。

PICT0036草原の中をどんどん進むともうすぐ山頂だ。

PICT00388:26。山頂へ到着。お疲れ様でした。なんとか朝食に可笑しくない時間には到着できた。

PICT0043山頂は広々とした熊笹の草原。なんか心の中の世界のような。

PICT0044しかし、朝食を食べようかという時から、急にガスってきた。

PICT0046結構寒かったりする。合羽を着込んで寒さをしのいだ。暖かいものがとても美味しい(写真なし)。

PICT0051暫し休憩して10時過ぎにスタート。山頂から更に奥に進んでいく。10:10分岐点へ。帰りは大池を経由して岩樋山へ。

PICT0056ズンズン下りていくと、10:20頃原池が見えてくる。

PICT0057別になんてことない池だ。

PICT006610:35頃、岩樋山が見えてくる。
「行くぞ〜」
「お〜」

PICT006710:40。
道後山からストレートに下りてくる道に合流。

PICT006910:45。
行きに通った道を分けて岩樋山へ登る。

PICT0071秋ですな。

PICT007210:55。
だいぶ登って道後山方面を望む。なかなか雄大でいい景色だ。天気も良くなったが大山の方は見えなかった。

PICT0077猫山スキー場が見える。

PICT007911:00頃、岩樋山山頂へ到着。空間は広いし、景色はいいし、いい感じではないか。

PICT0080月見ヶ丘の駐車場が見える。だいぶん車が増えたな。

PICT0081道後山クロカンパーク。

PICT0086童心に帰って、
「ヤッホ〜」
・・・なんてお約束をやっとります。

11:40頃下山開始。

PICT009412:00には分岐点に到着。

PICT0095再び林間コースへ。

PICT0096途中の大きなブナの木。

PICT010212:20頃、月見ヶ丘の駐車場へ帰還。
お疲れ様でした。


帰りの道中「山の家」に寄ってみた。営業していなかったが、直近まで営業していたような感じなので、時期によっては営業するのかもしれない。
昭和の初期に、旧鉄道省によって建てられた建物だそうだ。昔は今のように道路も整備されていなかったから、ここまで来るには芸備線の道後山駅から歩いたのだろうか。
PICT0104PICT0105

PICT0106PICT0107


今回、山で見かけた草花。ずいぶん色々と咲いてたな。
PICT0025PICT0030

PICT0031PICT0034

PICT0052PICT0060

PICT0061PICT0062

PICT0084PICT0089

PICT0093


前評判に違わない、すばらしい山だった。

この後、西城町の「やませみ」にお昼を食べに行って、その後、今日の寝床である大鬼谷オートキャンプ場を目指した。

kumadays at 22:17│Comments(0)TrackBack(0) トレッキング・その他散歩 | 訪問・旅行

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字