某所としておこう。

まるで絵に描いたような出来事だった。

雨がパラパラ降っていた。

取引先の方を2名乗せてタクシーに乗った。

私めは助手席。

タクシーは交差点を右折することに。

右折車線は2車線。

タクシーは左側の右折車線の先頭で信号待ち。

右側の車線にも右折する車が。

信号が青になる。

前から来る直進車はいない。

タクシーは発進する。

右側の車も同時に発進した。

右折した先に横断歩道がある。

横断歩道の右側から子供の自転車が渡るのが見えた。

子供の自転車は右側の車の死角になった。

右側の車は止まった。

タクシーは止まらない。


「こどもこどもこども!」

・・・と助手席から絶叫した。


間に合わない。


どんぴしゃ。。。


ボンネットの下に、子供が崩れて、私めの視角から消えた。


走る緊張。


運転手が慌てて車を降りた。

自分も降りた。

「降りましょう」

後席の2人にも声を掛けた。

どうせ車は乗り換えるのだし。



子供は大声で泣き叫んでいる。

意識もあるし、外傷もないようだ。

不幸中の幸いか。

が「痛い〜痛い〜」といいながら、自転車に乗って立ち去ってしまった。

取引先の人と一緒に追いかけて捕まえた。

一緒にそばにいることにした。

子供はずっと泣いていた。

・・・その後、運がいいことに、通りすがりの方がこの子供の母親を呼びに行ってくれた。母親の到着と同じタイミングでタクシーの運転手が呼んだ救急車が到着。代わりのタクシーも到着したので、心配だったけど、その場を立ち去ることに。



今日、仕事で車に乗った。

やはり怖かった。

よみがえる記憶。

崩れて消える子供・・・。




・・・安全運転しよう。