November 02, 2008

伯耆大山

c30f0783
大山町公式観光サイトD-Clubより引用)
11月初頭の3連休はカネさんに誘われて大山に行くことに。今まで登ったどの山よりも高く標高差も大きいが、何しろ中国地方最高峰だし、山容も美しいし、多くの人に親しまれている全国区の知名度を持つ山だ。行っておきたいスポットだ。
前日から大山に入り、総勢9名で前泊して臨んだ。


01駐車場6時半過ぎには宿を出発。7時前には下山駐車場に到着したが、既にほぼ満車。2台に分乗していたので何とか2台分の空車スペースを確保。この後すぐに満車になったから、もう少し遅く来ていたらアウトだったかもしれない。

02小屋下山駐車場にはトイレと小屋がある。周辺はキャンプ場だ。
小屋は閉まっていたので車の周辺で朝食を摂って身支度を整えて、登山道入り口で記念撮影も済ませて、7:15頃には出発した。

03階段1登山道入り口からこんな階段が続く。遠くに見える方(年配の方だった)は我々を置き去りにして凄いスピードで登っていった。我々の3倍のスピードだ。そう「赤い彗星」シャアだ。我々の中では「シャア」と認識された。
この後、我々の登山中に下山してくる「シャア」とすれ違った。

04階段2ひたすら階段が続く。ここで急ぐと後でバテることが容易に想像つくので、ゆっくり登っていく。

05紅葉1標高1000m付近。
登っていくと、だんだんとブナの紅葉が美しくなっていく。それと比例して天気はどんどん悪くなっていく。大丈夫かな。

06紅葉の階段
こんな中を登っていくのだ。
いやいや、ブナ林の紅葉がとてもキレイだ。
登り階段はツライが、気分は癒される。

07紅葉2いやいや、丁度いい時に来たのではないか。
願わくば日が差して欲しいなあ。

08眺望3合目を過ぎたあたり。。
このあたりまでは下界の眺望も楽しめた。風力発電設備が確かに見えたのだ。

09だんだんガスがが、だんだんとガスが掛かっていく。天気は大丈夫だろうか。

10分岐9:00頃、5合目を過ぎたあたりで元谷への分岐点に着く。帰りは元谷方面に行く。見たらもう半分以上は来ているのだな。気になるのは天候だ。大丈夫か

11六合目の看板9:15頃、6合目に到着。ここには避難小屋があるし、ちょっとした休憩場になっていて、眺望がいいらしい。ここでザックを下ろして暫し休憩。

12六合目の眺望しかし、ガスが掛かっていて全く眺望は無し。
だんだんと寒くなってきた。

13ガスの中の階段
9:52。7合目を過ぎて標高1500mを過ぎたあたり。
風も激しくなってきた。体温が奪われて体力が無くなるという表現が良く解る。雨具を取り出して着用。
すれ違う登山者が、着用出来るものは全て着用して、凄い形相で降りてくるのが解る。

14大山きゃらぼく10:18。8合目を過ぎると名物の大山きゃらぼくが出現する。が、こっちはそれを鑑賞するような余裕は全く無い。

15木の通路このあたりから、高山植物を守る為に設置された狭い木道をひたすら歩く。
両脇はガスが掛かっていて全く見えない。風は吹き荒び足元も滑るし下山客ともすれ違う。何より段々と寒くなっていく。この天候で歩くのはナカナカハードだ。

16頂上避難小屋10:45頃か。頂上のスペースに到着。真っ先に頂上避難小屋へ。女性はトイレへ男性は場所取りへ。ものすごい壮絶な混雑だった。が、何とか9名分座れるスペースを確保して、それぞれお湯を沸かしてラーメン+おにぎりを食べた。写真なんか撮る余裕は無かったけど、小屋でのラーメンはとても美味しかった・・・。

17立入禁止の縦走路その後再び身支度をして木道を行く。かつてここから縦走路へ入っていけたのだろう。今は崩落危険の為、通行止めになっている。

それよりもこの先の眺望が全く無いのだから、間違っても向こうに行く人は居ないだろう。

18山頂の石碑11:50頃、交代で山頂の碑をバックに記念撮影。視界も全く無いし、せっかくここまで来たのだからと記念撮影する人はとても多かったように思う。

19全く眺望なし普段はこの木のデッキが満席になるらしい。今日はこの位置から避難小屋も見えないほどのガスだった。風もものすごい強い。
写真撮ってから休憩する間もなく下山した。。。。


しばらくは視界も悪く、足元も滑る。これは降りるだけの苦しい道程だなと思った。
行きの道中は、私めは後ろを歩くことが多かったが、この時だけはなぜか先頭を歩いていた。
9合目を過ぎてもうすぐ8合目の辺り。真っ白な視界の先に見たものは・・・。

31見えた?
雲の間から下界の風景が一瞬見えたのだ。

「見えた!!!」

絶叫した。その後、また雲が掛かった。12:20頃だ。

登山道の脇のスペースに9人が固まって雲が晴れるのを待った。

その後は晴れたり曇ったりを繰り返しながら、段々と晴れてきた。

晴れたり曇ったりがじらされているようで、そして晴れた後の眺望の素晴らしさに、暫し酔った。

32登山道に立ち止まる人たち
晴れてきたら、登山道に立ち止まる人達が見えた。

33段々晴れてきた
皆、この光景に酔って立ち止まっているように見えた。本当に感動的な瞬間だった。この感動的な瞬間を共有できた人が大勢いるというのも、また感動に拍車を掛けたような気がした。

34遠くの空は晴れている
遠くの空は晴れているのだ。もしかしたら、この後晴れるかもしれない。天気予報は午前中晴れ後曇だったのにね。

35紅葉もキレイに見えてきた
そして段々と晴れてきて紅葉もキレイに見えてきた。

36山と紅葉
三鈷峰方面も晴れてきた。紅葉とのコントラストが見事だ。いやいや来て良かった。
ゆっくりと眺望を楽しみながら下山することにした。

37下山道の眺望
下界の眺望を楽しみながら下山していく。いやいや、こんな経験はナカナカできるものではない。
もっと晴れていれば日本海の水平線まで見えるだろう。この日はそこまで見れなかったが、登りの道中や山頂での気候の厳しさが、真っ白の中から現れたこの眺望を何倍にも感動的に盛り上げてくれたのだと思う。

38六合目付近から
六合目付近からの三鈷峰。何枚も何枚も同じような写真を撮った。

39分岐点13:30頃、元谷方面の分岐点を右折して下りて行く。


40大山を臨みながら下る
紅葉に見え隠れしながら、終始右手に三鈷峰を臨みながらの下山。ナカナカ気持ちいい。

41ブナ林を下る1

42ブナ林を下る2
こんなブナの紅葉の中を下っていくのだ。いやあ、たまらない。

43ブナ林1

44ブナ林2
本当に見ごろの時期だ。この季節、帰りは元谷経由がお勧めかもしれない。距離は伸びるが。

45ブナ林3
少し標高が下がると、段々と緑が混じってくる。この微妙な感じもとても美しい。いやあ楽しいぞ。

46沢
14:10頃、元谷へ到着。
登った方面を撮ったらモロに逆光だった。

47日没後
少したったら日が沈んできた。
そしたら・・・、

48望遠
なんと、稜線に登山者が動いているじゃないか。これは感動的だったので、望遠で狙ってみた。
いやいや、感無量かな。

49ブナ杉混合林
元谷から大山寺を目指す。ブナと杉の混合林で、ナカナカ趣があった。

50デカイ杉
これが一番デカイ杉だったかな。神がかり的な雰囲気を持っていた。

51大山寺14:55頃、大山寺に到着。お疲れ様でした。暫しトイレ休憩してからノンビリと参道を降りた。趣があるいい参道だった


52モンベルショップ15:30、昨日待ち合わせしたモンベルショップへ到着。
いやあ、感慨深い。
何しろ、さっき登った山がそこに見えているのだ。
いい場所にモンベルショップを作ったものだと思った

53登山者が見える
なんと、この位置からも登山者が動いているのが見えた。望遠+トリミングでもこの程度だが、確かに赤や青や黄色が動くのが見えたのだ。単眼鏡で見たらバッチリ見えた。

それを見てまた感慨深くなった。何しろ紛れも無くあそこに登ったのだ。疲労は心地いいを通り越して筋肉痛の予感がしたが、今までに無い達成感と爽快感を体は感じ取っていたような気がした。

54駐車場駐車場はもう空いていた。
大山登山の余韻を楽しみながら、宿に戻って風呂に入って皆で乾杯した。

そして明日もこの余韻を楽しむことになるのだけれど。

つづく

kumadays at 22:00│Comments(4)TrackBack(0) トレッキング・その他散歩 | 訪問・旅行

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by hiraken   November 09, 2008 23:47
あの時の感動が蘇えりました。
ぜひ、また登りましょう。
どうも赤い彗星のおじさんは大山では有名なようです?4日後にまた登られてましたよ(笑)
2. Posted by sunday   November 10, 2008 16:14
うぉぉ、やはり大山はすごいですね。
頂上付近から見る景色は全然違いますね。
いつか、我が家もチャレンジしてみたいです。

大きな杉の木は、タダ者ではない雰囲気がありますね。何かが宿ってますね、きっと。(笑)
3. Posted by カネさん   November 10, 2008 21:39
1週間たってもあの感動が蘇りますよ。
ぜひ、また大山に登りましょう。
次回も、半ば強引にお誘い致しますので・・・(笑)
4. Posted by kuma(kumadays)   November 11, 2008 06:09
hirakenさん>
凄かったですね〜。また行きましょう。
とてもココでは写真を載せきれません。今度お渡しします。

sundayさん>
いいですよ〜大山。是非ともチャレンジして下さい。
段差が高い階段が多いんで、それだけ要注意です。

カネさん>
1週間たった今でも甦りますね。また行きたいですね。お誘いはどうぞお手柔らかに(笑)。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字