February 04, 2009

今日の晩飯(お好み焼き)

2d5049ef.jpgシーフードスペシャル
辛口そば
にらかけ

久しぶりにMonza。
ここに来ると、1988年のベルガー・アルボレートの1・2フィニッシュを思い出すのは私めだけだろうか。
久しぶりに食べたらおいしかった。

広島ブログ
広島ブログ


kumadays at 20:50│Comments(4)TrackBack(0) 今日の晩飯 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 湯来親爺   February 04, 2009 21:11
ゲルハルト・ベルガーとミケーレ・アルボレートでしたっけ?懐かしいですね。
親爺はリカルド・パトレーゼとナイジェル・マンセルのファンでした。アイルトンの不慮に事故の時にはアンチファンでしたが泣きました・・・
2. Posted by kuma(kumadays)   February 05, 2009 08:14
湯来親爺さん>
ありがとうございます。
1988年は、全16戦あるシーズンの15勝をセナ/プロストのマクラーレンが勝利する中、フェラーリ唯一の1勝が、イタリアのモンツァサーキットで行われたイタリアGPだったんです。(なのでこの店の人は自分の店のことを「モンザ」と呼んでますが、うちは「モンツァ」と呼んでいます)
独走していたセナが、ゴール数週前でウィリアムスのシュレッサー(だっけ?)の車に当てられてリタイアしての「拾い物の勝利」だったんですが、あの時はエンツォフェラーリが亡くなった直後のイタリアGPだったのです。その時「ああ、神様っているんだな」と思いました。その年限りでフェラーリを追い出されるイタリア人のアルボレートが、炎の猛追でベルガーのすぐ後ろにやってくるシーンは、今でも思い出すと涙が出ます。実はベルガーは相当焦ったらしい。そのレースのFLはアルボレートが出しています。
その数年後、セナは同じくイタリアのイモラで行われたサンマリノGPで・・・。
その後ミケーレも・・・。
懐かしいですね。
ちなみに、リカルド・パトレーゼのスキーウエア持ってました(笑)。
プロストやピケはミーハー過ぎて。
マンセルも懐かしいですね。ミケーレと入れ替わりにフェラーリに来てくれました。

最近はめっきりF1も見なくなりました。
3. Posted by 湯来親爺   February 05, 2009 22:07
こんばんは、マンセルはダイエットしていればもっと勝てていたんでしょうね。
ミハイルがルーキーのときに馬鹿みたいに突っ込んでいたのはもう何年前のことなんでしょうか・・・。
雨の中嶋も・・・。
4. Posted by kuma(kumadays)   February 06, 2009 07:22
湯来親爺さん>
マンセルは魅力あるドライバーでしたね。
シューマッハは速過ぎて。
ジョーダンで出て来た時にチェザリスより速くて、その後ベネトンに移って、まあピケよりはと思ったら、ピケよりも全然速くて、こいつスゴいと思った覚えがあります。
雨の中嶋懐かしいですね。雨のオーストラリアで雨の中次々と前のマシンをパスしてFLを叩きだしたんです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字