30日の試合。

0−2。
9回2死走者無し。
投手は相手チームのクローザー。
打者は代打今岡。

この環境から逆転するなんて、誰が思っただろうか。

今岡は内野安打。おお。2死から塁に出た。
でも次の平野は打てまい・・・。

と思ったら、平野の打球は鋭い大飛球。
右中間を抜ける三塁打。
これで1-2。

次の関本の打球はセカンド左へ。
今日は2ラン+ファインプレー連発のセカンド梶谷が追いつく。
ああ、万事休すと思ったら、送球を焦ったのかワンバウンドに。
足の遅い関本、タイミングはアウトっぽかったが、一塁手も捕れず内野安打に。
これで同点。

鳥谷の右前打のあと、
金本の打球は飛びつく梶谷の先を抜けて行った。
足の遅い関本が歩いてホームイン。サヨナラ勝ちだ。

これだから阪神ファンはやめられないのだ。
早くも今シーズンのベストゲームか? なんて。
まだシーズンは始まったばかりだ。

いやいや、負けていれば4月は2つの負け越しだった。
なんとか4月を5割で乗り切った。

明日から読売戦。

頑張れ!阪神タイガース!!

4月28日の結果 阪神8-4横浜
4月29日の結果 阪神4-7横浜
4月30日の結果 阪神3x-2横浜
シーズン通算成績 11勝11敗1分 .500 3位
テレビ観戦成績  8勝10敗 .444
球場観戦成績   1勝