今日は日本テレビ系列の中継。嫌な予感がした。
第一、14:00プレーボールなのに、番組開始は15:00なのだ。
そんなのありかい。最初から見せろ〜。

で、既に2-0とリードしてのテレビ観戦スタート。
先発は能見。先日新球場でカープを完封した。
生まれ変わったニュータイプ能見。
どうやら今日も序盤からいいピッチングで飛ばしているらしい・・・・。
・・・?でも表情に余裕が無いぞ?

と思ったらあれよあれよの間に逆転され2-5。
これでは以前の能見に逆戻りではないか。
中畑解説員も「立ち上がりの頃から見ると別人のよう」を繰り返す。
でもテレビ見てる方としたら、その「今からすると別人」の能見を見たかったぞ。

その後阪神の攻撃陣はグライシンガに対し良いとこなし。

読売のファンはテレビを見てさぞかし気分良かろう。
くっそ〜・・・。

しかし、阪神の見せ場は7回裏。
狩野の2塁打を足がかりに、代打藤本のタイムリー、関本・鳥谷の連続犠飛で同点。
5-5。

やった〜!

しかし、ここで一気に逆転すべきだった。
今思えば、犠牲フライでなくヒットか四球が欲しかった。

続く8回裏も新井のヒットを足がかりにチャンスを作るが得点ならず。

そして、藤川球児が9回表に坂本にホームランを打たれる。

ああ。

点は取れる時にとっておかないといけないのだと。

後続は抑えて、
さあ9回裏の攻撃だ。

と思ったら、

「誠に申し訳ございませんが・・・」

え〜、マジっすか。

放送終了っすか・・・。

すっかり阪神は読売のテレビ放送のピエロ、
あるいはウルトラマンに出てくる怪獣さんですかい・・・。

くっそ〜・・・。

読売のファンからして見たら、
得点シーンは全て見れて、
おまけに坂本の決勝本塁打も見れて、
さぞかし気分良かろう。

やはり戦前から続く歴史の重みというか何というか・・・。


これで再び借金1だ。
明日は負けられないぞ。

頑張れ!阪神タイガース!!

5月2日の結果 阪神5-6読売
シーズン通算成績 11勝12敗1分 .478 4位
テレビ観戦成績  8勝11敗 .421
球場観戦成績   1勝