1fe2a06a.jpg一福本店にて。

広島ブログ
広島ブログ

今日は同僚の先輩に乗せられ大竹から島根に行く途中に一福へ車が入った。一福って久しぶりだけど。
同僚がトイレに立った隙にメニューをパチリと。

小麦粉比率が高く、香りが無いのが一福の蕎麦。高価なバージョンで石臼挽きの蕎麦もあったが、試してみる価値があるのだろうか。
まあ、広島においても蕎麦の文化に貢献しているであろうし、一福のようなお店がバリエーションのうちの一つとして存在しているのはいいと思うけど。あまり積極的に行きたくは無いな。
牛丼はゴボウが入って美味しかった。が、ツユダクで底のご飯がビチョビチョになってしまった。やはりご飯は最後までしっかりご飯であって欲しいな。吉牛でもツユダクって好かんなあ。(私だけ?)

ちなみに、今、こうやってノンビリ追記を書いているのが四時半過ぎ。待機中。

今日は移動だけで何も仕事せんで終わりそう。