F1000038登山、一人カラオケの後ははっぴへ。
もう説明不要。広島市内でウマい蕎麦を食べれるところは何軒かあるけれど、個人的にははっぴが頭ひとつ抜けているような気がする。西広島駅から至近と交通アクセスも抜群。
営業時間が短いのが難点だが、それも長っ尻にならない分いいのかなと。



F1000039ビールを1本頂く。麦芽100%の一番搾りだ。ヱビスやプレミアムモルツに比べたら軽いし、蕎麦屋さんに合うビールかもしれない。

F1000040もずく。普通は葉わさびの醤油漬けを頂くのだけれど、今日は切らしてしまったらしい。おお、そりゃ残念だ。
もずくでビールか。学生時代、実家の近くの酒屋でいいもずくを売っているところがあって、もずく+ビールで15キロくらいダイエットしたことがあったな。あの頃は若かった。
このもずく、あの頃食べたもずくにそっくりだ。ウマい。

F1000041と思っていたら、コレを出してくれた。わさびの端っこについている茎の部分を漬けたものらしい。とてもお客さんに出せるものでは無いけれど・・・と言いながら出してくれた。
茎の繊維感が賛否両論だろうからレギュラーメニューに入れるのは辛そうだけれど、逆に口の中に暫く風味が残るので、酒のツマミには丁度いいかも。

F1000042カラオケボックスが寒かったので、ビールは1本にして越の影虎へ移行。ココでの初っぱなはコレかな。

F1000043次は神亀。燗にしてもらった。これで体が暖まった。濃厚でウマい。ウマいんだけれど、結構体が疲れている。ちょっと神亀はツライかな。

F1000044神亀と一緒に頼んだ山芋とろろ。滋養強壮にもなるということだし。

F1000048なので獺祭。これなら疲れた体にもやさしい。ウマいな。

F1000047一緒に頼んだくみあげ湯葉。座った席の前に「京ゆば」の張り紙があったもんでつい。
でも、獺祭とか繊細なお酒には良く合うな。いいセレクトだ。

F1000049鴨汁。ココに来たらやっぱりコレが食べたくなる。これで食欲も満足するしね。

F1000048これに合わせたのは賀茂金秀。初めて飲んだが香りがいいお酒だ。そんなに高くないし、今度から選択肢に入れてもいいかも。
あれ、写真が獺祭と同じだ。どっちだっけ。

F1000050ざる一枚半。いやいや、結構量も多いしコレを食べたら十分満足するだろう。そのまま食べてもよし、そば汁につけてもよし、鴨汁につけてもよし。
このローテでズルズル食べたらあっという間に無くなった。
やっぱりおかわり!
でも、やっぱりそば汁につけて食べるのが一番ウマいかな。と食べていたら、これまたあっという間に無くなった。おかわり!
え?

でも、本当に今日の蕎麦はウマかった。
はっぴの女将のヒトリゴトでも書いてあったけれど、コチラのお店は、いちいち新そばの標記はしない。なんか「はっぴ」らしいと言えばそうなのだけれど。

はっぴの女将のヒトリゴト、超不定期更新なのだが、私めが更新を心待ちにしているブログの一つなのだ。
これを読んだら女将さんのファンになること請け合い。
是非ご一読を。

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます。