October 11, 2009

酒まつり 2009

PICT0002酒まつりへ行って来た。
この3連休は、東京からカミさんの学生時代の友人の東京OLが2名遊びに来る予定になっている。これまで色々な所に行ったけれど、そろそろ行く所のネタが無い。
しかも我々は、この10月の三連休はいつもガラスの里オープンギャラリーだったから、酒まつりには一度も行った事が無かった。
そして今年のオープンギャラリーは9月のシルバーウイークにズレた。

これは酒まつりに行くしか無いだろう。

が、前日はアレックス〜カンタミーア(カラオケ)〜RYO(ショットバー)の安佐南区フルコースで体力を消耗してしまっていた。

RYOさんには「明日は朝から酒まつりに行く」と言ったにも関わらず、次々に繰り出されるウンチクもとい楽しいお話に引き止められ、結局、家に帰り着いたのは午前様。

そこからグダグダ(漫画読んだり)して順番に風呂に入って、寝たのは夜中の2時過ぎ。

朝は9時頃の電車に乗らなければならない。
女性は身支度に時間が掛かるから7時前には起きてもらわないとなあ。
大丈夫だろうか・・・。

大丈夫だった。

サスガは東京の電車通勤をこなしている現役OL。
7時前には起きてからグダグダしている。
その後の身支度も驚くほど早く、一行は8時には家を出た。

F1000001フジグラン緑井の下のタリーズで朝食を済ませて、9時過ぎの電車に乗り込む。
この電車、可部線〜山陽本線に直通して西条駅には10:07到着という、まさに酒まつりの為にある電車だった。
車内でも「酒まつり行きま〜す」というナリの方を多く見かけた。
可部始発だったもんだから既に席は7割方埋まっていて、広島駅までバラバラに座ったけど。

F1000002計算通り広島駅でだいぶん乗客が入れ替わったので、すかさず4人ボックス席を構築。
(ガッタンと座席をヒックリ返しただけだが)
広島駅での停車時間を利用して缶ビールとチェイサー(伊藤園のお〜いお茶)を買い込み、いざ西条へ!

ちなみに普段はスーパードライなんて飲まないけれど、素性が解らない所でビールを買う場合はスーパードライに限る。一番新鮮で状態が良い事が多いから。

F100000510:07に西条駅に到着。
酒まつりのオブジェがいい感じ。

F1000004西条駅前のロータリー。
スゴいいい天気。東京OLは晴れ女か。
酒まつりに向かう人でごった返す駅前。
韓国の空港に降り立ったらキムチ臭い匂いがするように、西条駅に降り立ったら酒臭い匂いがするのだろうと思ったけれど、決してそんなことは無かった。
時間が早かったからかな。

F1000006ゆみさんから酒ひろばはスゴい人だから止めておいた方が良いとアドバイスを頂いていたが、前売りを買っていたので、とりあえず酒ひろばに向かった。
ゲロ混みで二進も三進もいかないようだったら直ぐに出ればいいやと。
お猪口をお土産にすればいい。そういう考え。

F1000007チケットを持っていても、酒ひろばに入るのに並ぶ。
とは言っても行列が進むスピードは思ったよりも早く、すぐに中に入る事が出来た。

F1000008酒ひろばの中は緑がキレイだったが、既に酒池肉林と化し、宴会状態の場所がちらほら。
山に持って行くシートや座布団を持って行っていたが、そんなシートを悠長に広げていられる場所はありそうにない。
が、何とか狭い場所を見つけてそこに佇むことに。

F1000013右上のお猪口を一人ひとつ渡されて、それにお酒を貰いに行くシステム。まとめて貰いに行くにはお盆やタッパーなどの中にお猪口を入れて貰いに行くのが良いと聞いていたので、予めジップロックを持って行ったら便利だった。
食べ物は別料金。チケットを購入して取りに行く。

狭い場所だけれどとりあえず落ち着いたぞ〜。

乾杯〜!

BlogPaintお酒はこんなカウンターに取りに行く。秩序があって無いような戦いを制して目当てのカウンターにたどりついて、資料に基づいて酒を指定する(番号がついている)か、そこにいる係の方にオススメを聞いてお酒をお猪口に注いで貰う。
資料を見る限り、殆どが本醸造酒以上の銘柄酒だ。
それが934種類もあるのだ。
たまらないな。

BlogPaint各地方ごとにカウンターが別れている。地方別のカウンターの中で県別のコーナーになっていて、人気のある県、人気の無い県が分かれて来る。それは仕方の無いことだろう。
田酒をもらいに青森県のカウンターを目指したが、スゴい人だったから諦めた。
他にも新潟県もスゴい人だかり。越乃寒梅特選(吟醸)とかあったからな。
なので必然的に空いている県に行くことになる。
東北/関東/中部/近畿/中国/四国/九州と色々と飲んだ(詳細省くというか忘れた)けれど、正直、ここに至るまでの輸送/保存状態が大きく味を左右していて、かつて飲んで美味しいと思った酒も、ココでは必ずしも美味しいとは思わなかったのは残念だった。
美味しいと思ったのは、ガラ空きだった香川県のお酒と高知県のお酒。
14番、17番、50番。って言っても資料が無いと解らないよね。
これが今日のベスト3だ。間違いない。
って、全部飲んだ訳ではないけれどね。

F1000014我々に与えられた場所はコレだけ。
しかもすぐ横(左)は通路で、人がドヤドヤ歩いている。
カミさんはうどんの汁を足に引っ掛けられた。(直ぐに「すいません」と謝って来られたので事なきを得た)
もっと酔っぱらいが多くなったらもっと酷い目に遭ったかもしれない。
でも、なんかこんな場所でも落ち着いたら落ち着いてしまうのだな。
代わりばんこで色々なお酒を貰いに行っては回し飲み状態。
役割的に最後に私めが残りを全部飲みする。なので美味しくないお酒は沢山回って来る(笑)。
ま、それはそれとして、すっかり昼間から気持ち良くなった。

酒ひろばも昼前には人が多くなり、酒を貰いに移動するのにも大変になってきたので、早めに失礼することに。

F1000016向かいのメイン会場も、かなりの人だかりだった。
結構出来上がっていたこともあるし、コチラはスルーすることにした。

F1000019蔵の方へ。
昨日、RYOさんがしきりに「白牡丹」の話をされていたな。

とりあえずお手洗い。

F1000022お手洗いを済ませてから白牡丹へ。
ここもスゴい人だ。
100円でお酒を振る舞っていたので貰ったけれど、このお酒は残念なお酒だった。
蕎麦もあったが、お腹もいっぱいだったのでスルー。。。

F1000026そして目に入ったのがコレ。

いや〜。
ところてん好きにはたまりませんな〜。

F1000023嬉しいことに酢醤油のところてんだ。

ところてんは、地方によって食べ方が違うようだけれど、ところてんは酢醤油に限る。

これはウマかった。

F1000025この周辺も結構な人集り。
協議したが、ぐるっと一回りして早めに帰るという結論に達した。

F1000028賀茂鶴。
コチラも結構な列が出来ていた。

F1000027確かに駅から至近距離でこれだけの数の酒蔵が共存共栄している場所って、日本でも珍しいと思う。以前西条に来た時は、人もいなくて寂しかったけれど、こうやって年に一回祭りがあって多くの観光客が来る。そしてお酒で盛り上がる。
いいことではないか。
実は、10月10日のケーブルテレビで、今後同じような形態で酒まつりを続けて行くことは困難ではないかという趣旨のコメントをされていたのを見た。経費も結構掛かるようだし、全国からの協力が得られないことには難しいらしい。ココにも色々な大人の事情があるのだろう。

でも、せっかくここまで盛り上がっている祭りがあるのだ。
なんとかならないかな。

日本酒文化が更に盛り上がって行くことを願う。

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます。

kumadays at 21:30│Comments(6)TrackBack(0) 訪問・旅行 | お酒全般

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by nana   October 13, 2009 18:39
お酒の好きなkumaさんが、何故、酒祭りに
行かないのかな?と不思議でしたが(笑)
そういう訳だったのですね(^_^)

私も去年に引き続き、今年も
行って来ました。
でもイベント会場にはまだ行ったことが
ありません。酒蔵巡りがメインです。
白牡丹の100円のお酒、私も飲みましたが
イマイチでしたね(笑)

賀茂輝酒蔵でいつもお酒を飲み、食事を
して、その後にそれぞれの酒蔵巡りを
するのがパターンです。
2. Posted by kuma(kumadays)   October 13, 2009 19:13
nanaさん>
そういう訳だったんですよ(笑)。
独身時代は、まだ広島のお酒に馴染めず、なんか行く気がしなかったりで過ぎてしまい。

昨年のnanaさんの記事も読ませて頂いてました。
先程、今年の記事も読ませて頂きました。
皆さん、色々と行かれるパターンがあるようですね。

我々はパターンを確立していないので、とりあえず酒ひろばに行きました。早い時間から行って場所さえ確保できれば、結構楽しめると思います。

酒蔵方面も時間が悪かったのか、結構混んでいて、日差しも強かったので早々に失礼しました。白牡丹の100円酒を飲んで「早く帰った方がいいよ」と言われているみたいな気もして。

来年行ければ、今度こそはゆっくりと酒蔵を巡ってみたいと思います。
3. Posted by 5   October 13, 2009 19:24
ナンタッテ白牡丹!と云う人多い、甘口の酒はアタピンに!と云う先入観を持っている人も・・・白牡丹はオカシナ糖類は添加してない、アタピンになりコケタ何て話聴いた事無し、当方は元酒税官がうまいと言う賀茂泉を中元、歳暮等に贈っているけど
kuma氏にも贈ろうかな、何時も立ち読み、下品な書き込みのお詫びに。
4. Posted by ☆ハニー☆   October 13, 2009 20:07
お疲れさまでしたぁ〜♪
酒蔵は近場のだけ回りましたよ!
酒ひろばには必ず行きます!!笑。
僕ちゃんは初参加で、雰囲気に圧倒されてました(笑)

あたしもお酒を運んでる人にお酒をかけられそうになったり、足元がぐだぐだになってる人にタックルされたりして、大変でした><
5. Posted by kuma(kumadays)   October 13, 2009 22:56
5さん>
お気を悪くされたなら申し訳ありません。あくまで私めの主観・感想ということで読み飛ばして頂ければ幸いです。
贈答品のお話もお断りさせて頂きます。申し訳ありません。
http://blog.livedoor.jp/kumadays/archives/50482358.html
6. Posted by kuma(kumadays)   October 13, 2009 22:59
☆ハニー☆さん>
お疲れさまでした(笑)。
酒蔵全部とメイン会場とひろばって全部回っていたら結構な労力ですよね。皆さんのブログを拝見させて頂いて、各々の楽しみ方があって面白いなと思いましたよ。

酒ひろば、ナカナカ活気がありますね。
活気がありすぎて大変なこともありますが(笑)。
今回は天候に恵まれましたが、雨が降ったらどうするんだろうと心配したり。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字