October 25, 2009

広島市 環境局 施設部 中工場

PICT0023ずいぶんと大仰なタイトルだが、要は広島の清掃工場だ。場所は吉島の一番南。光南にある讃岐うどんの名店とく一に行くことはあっても、そこから先は行く機会があまり無い。

PICT0024中工場の建築デザインは、世界的に有名な建築家である谷口吉生氏が設計したとのこと。
(広島市ホームページより)
エコリアムという通路が作ってあって、簡単な見学コースになっている。

PICT0027海側から攻めてみた。
ナカナカかっこいい。
ワクワクしてくる。

PICT0025実物大の清掃車が白く塗られて展示してあった。
なんとも廃物利用のオブジェというか。
所々ペンキが禿げているのは、塗料の乗りが悪かったのか意図的なものなのか。
この手の物を見るといつもそう思う。

PICT0026通路の両脇に清掃工場の設備が見える。

PICT0029清掃工場というと、子供の頃の社会科見学で見た、ゴミを焼却炉に持って行くクレーンが動いているシーンを思いだしたのだけれど、残念乍らそういうアクティブな動きは見る事ができない。

PICT0035だが、ホンモノの迫力は充分感じることができる。

PICT0028所々にこういうタッチパネルが準備されている。
いやいや、金掛かってるぞ(笑)。

PICT0030この見学コース、一番の白眉はこの模型だ。

PICT0032男子ならこういう模型を見てワクワクするはずだ。
いやあ。スゴい。精密にできている。

PICT0033清掃車のミニカーを見る限り、1/80かな。鉄道模型ならHOゲージといったところか。
迫力満点だ。

PICT0031ボタンを押すと、模型の該当部分が光って説明が流れる。いやいや良く出来ているぞ。

PICT0034このモニタにも「清掃工場のイチニチ」みたいな画像が流れている。
まあ、ゴミの問題は、現代社会から逃げることが出来ない問題だから。
日常我々が出しているゴミは、こういう工場や工場に勤務している方々の働きにより、知らない間に処理されているのだ。

PICT0036吉島方面。吉島通りの延長と言った感じでこのコースが出来ているので、広島市内中心部の高層ビルを臨むことができる。

PICT0038反対側に行ってみる。
反対側は海だ。

PICT0039海が見える展望デッキのようになっている。
清掃工場でイメージするようなゴミ臭さや空気の悪さは皆無だ。現在の技術ってスゴいのだな。

PICT0040遠くに宮島が見える。いい感じだな。
宮島はパワースポットだ。
中工場の周辺は公園として整備されている。トイレもキレイだし、ウォーキングやランニングなんかにいい所ではないか。

PICT0043右は江波。三菱重工業の江波工場が見える。

PICT0042左は出島。この川は元安川かいな。要は河口である。

PICT0041もっと左を見ると、出島越に宇品の方が見える。建設中のゆめタウンだったり広島港付近の建物だったり。
初めて来たけれど、なかなかどうしてノンビリできる良い場所だった。広島って海沿いにノンビリできるスポットが無いのだけれど、ココは穴場かもしれない。
いい休日だった。

中工場の概要

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます。

kumadays at 21:46│Comments(0)TrackBack(0) 訪問・旅行 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字