441a76dc.jpg朝からかま玉うどん。いやあこれは簡単でウマいのだ。丼にとき玉子を入れておいて、茹でたてのうどんを入れて混ぜるだけ。あとは醤油なりダシ醤油なりで召し上がる。

d063e509.jpgうどんはコレ。おか泉の半生うどん。先日遊びに来てくれたカミさんの友達(東京OL)がお土産に送ってくれた。なんとも太っ腹なお友達なのだ。感謝。生うどんと半生うどんをくれた。
生うどんは最終日の朝飯に皆で食べて、残った分はカミさんと食べた。1玉分残ったので茹でたものを冷凍してある。鍋に入れるのだ。
半生うどんも賞味期限が迫って来たので、今日は朝から食べることにした。


752190e0.jpg袋の裏には茹で時間が書いてあるが、書いてある時間よりも短めでいいようだ。
もっともうどんを始め、麺類を茹でる時は大きめの鍋を使わないとダメ。うちではパスタ鍋に水を満ち満ちと入れて沸騰させる。大きな泡がゴボゴボいうほど沸騰させたら火は最大火力のままうどんをぶち込む。これが絶対条件なのだ。
火力は強ければ強いほどいい。ウチのコンロは最大6000kcal出せるから、こういう時にもってこいなのだ。
ただ、その条件で袋に書いてある時間だけ茹でてしまうとデレデレになってしまう。
今日のかま玉は「再沸騰後10分」と書いてあるところ「再沸騰後7分」茹でたけれど、もう少し短くても良いくらいだった。

あとは、溶き卵は白身を切るように混ぜること。泡立て器でふんわりやるか箸でスキっとやるかは好みだろうけれど、かま玉の場合個人的にはあまりふんわりさせない方がいいような気がする。

そう。勿論、お湯はシッカリ切ること。やっぱり振りザルが使いやすい。

cf087d03.jpg本当は朝から阿武山に登ろうという壮大な(?)計画を立てていたのだが、何とも言えない天気予報故に断念した。
阿武山は急坂だ。阿武山に登ってから「突風を伴う激しい雨」や「雷を伴うあられ」なんかが降って来たら目も当てられない。
こればっかりは仕方ないな。
広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます。