January 15, 2010

ボトルの悲劇

38c05be9.jpg季節を問わず持ち歩いているマイボトル。夏場はサーモスだが、今の季節はコレで充分。ここ数日は寒いから、小さい暖かいのも持っているけど。
で、中身が無くなったら途中で買って補充する。コンビニで1Lの水が168円、2Lの水が178円。迷わず2Lを購入。
しかしなんだな。なんという値段の付け方だろう。これでは1Lの水を買ったら損するように思えてしまう。まあ、そのブランドが好きならいいけど。(ちなみに霧島の水)

で、ボトルに移し替える。
まあ、化学科出身の私めからしたらわけない作業だ。瓶から器具へ、器具から瓶へ、試薬を扱う作業は良くやらされた。しかも試薬といえば危険な強酸や強アルカリ、あるいは有機溶媒、中には発ガン性のあるハロゲン化アルキルなどもあった。ボトルの水なんて大したことない。
しかし、意外に車の中って平坦な所がない。外したキャップも置いておく所が限られるくらい。



だから、片方のボトルを股間に挟んで、そこに注ぎ込む・・・。




・・・なんて不安定なことやってるから、





c56c1b0f.jpgああ、やっちゃったよ〜。
だから言わんこっちゃない。

こりゃポジション的にマズいだろ。しかも今日に限って目立つ薄いグレーのパンツだし。
しばらく乾燥させてから目的地に行くことにした。

以上、ヒマネタでした。
一部、お見苦しい部分が御座いましたが、何卒ご容赦下さい。
広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます



kumadays at 17:22│Comments(2)TrackBack(0) しごと 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by GENKI   January 18, 2010 18:59
霧島の水より軟水の奥大山のほうが好きです。
2. Posted by kuma(kumadays)   January 19, 2010 07:55
GENKIさん>
おお、そうですか。
そう聞くとますます2Lを買おうという気になりますね。
同じ中国地方ですしね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字