March 09, 2010

新福菜館でかたい大

d12dcedb.jpg
特大新福そば
かため
「中華そば専門新福菜館」
京都市高倉塩小路

新幹線が遅れたから大混雑かと思えば、ギリギリ混雑の波は避けられて入店。
言わずと知れた京都の有名店。この黒いスープは賛否両論。関東のそば・うどんの黒い汁を忌み嫌う京都らしからぬ黒さだ。西日本のひとは驚くだろう。
しかも、お隣にも負けず劣らずの有名店「第一旭」があって、人気を二分している。ネットが発達した今は解らないが、かつてはどちらの店を好む者も「隣はマズい」が合い言葉。
当の私も友人に最初に連れて行かれたのはお隣の方。すっかり「隣はマズいで、間違えんといて」の言葉を信じ、何回か通ってから他の友人に話したら「何言うとんのや、マズいんはあっちや。みなよう間違えるんや」

「どっちや〜!」

で、「隣」を初めて食べたのが社会人になった時。それから少しだけ京都で暮らしたこともあり、その時は醤油辛いこの新福菜館の中華そばが有り難かったのだ。
なので、新福菜館の中華そばは当時を思い出させるノスタルジックな一杯なのだ。

数年前、第一旭も食べた。ウマかった。風評ってコワいものだ。

あ、新福菜館ではかためが好みだ。私めは普段あまり「かため指定」はしない。「ふつう」指定がその麺の一番適する茹で加減の筈だから。だけどココでは大鍋に何玉もぶち込んで一杯分ずつ平ザルであげる。なので運悪くロット内最終になるとデレデレで悲惨な目に遭う。
かため(かたい大で通用する)指定すれば、最初に平ザルであげるのを出してくれるから安心なのだ。
ガラガラの場合は心配無用かな?

あと、コチラの店のヤキメシはウマい。危険なのだ。

広島ブログ
広島ブログ
↑いつも応援ありがとうございます




関連ランキング:ラーメン | 京都駅七条駅九条駅



kumadays at 12:17│Comments(2)TrackBack(0) 今日の昼飯 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by タカノ   March 09, 2010 23:30
お、京都ですね^^
この店も、また行ってみますね^^
2. Posted by kuma(kumadays)   March 10, 2010 23:41
タカノさん>
本文では書き忘れましたが、老舗2店が共存するビジネスモデルとしても貴重なものだと思います。
かつて荻窪も春木屋ー丸福だったのですが、丸福は失速しました。
ちなみに両店ともに小盛りがあるので、一度に2店やっつけるのも可能です。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字