9a4f5d12.jpg
東京ー新青森間の新幹線の愛称が「はやぶさ」に決定したらしい。
そりゃ東京から鹿児島本線方面のブルートレインは無くなったからって、それを頂いてしまうってどうなの。
本当は鹿児島に行くやつが「はやぶさ」なら納得行くけど、最速の鳥とされる「つばめ」より速い「はやぶさ」もどうなの?という話になって「さくら」になったのだろうか。

「はつかり」はダメなんかなぁ。昭和の時代の最初っから盛岡じゃなくて青森まで通じていたら「はつかり」になっただろうに。仙台までだったら「ひばり」になってたかな。
そういや「ひばり」もどっかいってしまったな。子供の頃は在来線で本数も多かったし、表定速度最速の時代もあったから、イメージはいいのだけれど。

「とき」「あさま」は生き残っているのに。そういや「やまびこ」「なすの」もしぶとい。

そういや東北らしい愛称なら「みちのく」ってのもあったし、夜行なら「はくつる」だってあった。あ、「はくつる」はお酒みたい。
「北星」とか「新星」じゃわざとらしいかな。
「つがる」「八甲田」「十和田」「天の川」・・・。

青函トンネルを通る「白鳥」はすっかり定着してしまったから、まだ使えないもんなぁ。

なんか「はやぶさ」がシックリ来ませんなぁ。