a216abe8.jpg
東京に帰って食べたい物のひとつに天津飯(天津丼)があった。
そば/うどん、いなり、うなぎなど、東西で違う食べ物は数多いけれど、この天津飯も違うのだ。広島で食べた天津飯は、東京で親しんでいたものとかなり違うものだった。

a080ac66.jpg
食べかけで失礼。上に乗っているかに玉がふっくらしていて、何よりあんかけの粘度が高いからご飯の状態がしっかりしている。ご飯も美味しい。
ああ、こういう天津飯が食べたかったのだ。
どうもあの「ツユダク状態」のご飯が好きになれないものだから、あんかけの粘度が高い状態は嬉しいのだ。

ただ、あんかけが酸っぱいから、このあたり好みは分かれるだろう。なので万人にはおススメしない。

広島での独身時代は、良く家でこの天津飯を再現すべく家で作ったりもした。かに玉を作る時に多めの油と玉子をなじませるようにすると上手くいくのだが・・・、要は何気に高カロリー食なのだ。

03b3040d.jpg
カミさんは炒飯を食べた。少しもらったけど美味しかった。
メニュー構成もいい感じ。街の中華屋さんとしては充分だ。
結構穴場のお店かもしれない。

中華料理 吉祥軒
東京都板橋区前野町2-27-8
03-5392-6139
火曜日・第三水曜日休