F1000004
本当は奥多摩の方にドライブに行こうと言っていたのだが、中央道もとい首都高4号線に出た途端に渋滞。調布まで40分、八王子まで120分かいな。おいおい。そりゃ無いだろう。既に永福を過ぎて高井戸の当たりで渋滞・・・。
ポリポリ。

なので、引き返すことにした(軟弱)。

で、思い立ったのは、以前から宿題となっていたワインクーラー。
広島だったら売っていそうなところは限られているからいいのだけれど、東京ならどこに行ってもバラ色の品揃えと思ったのが大間違い。
東京のデパートで探してもコレという物がない。要は皆高いんですわ。
そんなワインクーラー如きで複数の諭吉サンが飛んで行くのはどうかと。

そしたらせっかく東京に居るのだから、やっぱり「聖地」かっぱ橋かなと。

F1000001
郊外へ向かう道とは違って都内の道は平日より良く流れる。
いやあ、ハイシーズンの休みの日は、観光地たるところに行くよりも都心の方が空いているかもしれない。
とはいえ、東京の観光地とも言える浅草からほど近い「かっぱ橋」へ車を走らせた。

そんなに混雑せずに到着した。

F1000003
パーキングメーターへパンダ号を。

F1000002
偶然にも停めた前がオサレな調理器具のお店。
なんか「かっぱ橋」らしく無い店だが、もしかしたらラッキーかもしれない。
コチラで目的のブツをゲット。

F1000005
かっぱ橋といえば、食器の他はこういった提灯や幟のお店があったり、

F1000006
精巧な食品サンプルのお店があったり。
マニアの方垂涎かも(笑)。

F1000007
昼時になったので、お昼をと思ったら、おあつらえ向きの蕎麦屋が。

F1000008
そば清で十割そば(茨城産)。
今の季節だから香りはそんなにしなかったが、美味しい蕎麦だった。
ちゃんと手打ちしているみたいだし、何より技術はあるようだから、今度は秋に来てみたい。

F1000010
さてさて、今回の目当てはコチラ。
ダルトンのSUSのワインクーラー。
こういうシンプルなものが欲しかったのだ。
雰囲気も申し分無いし価格的にもOKだ。
他にも保冷剤を使うタイプの物などがあったが、やっぱり氷で冷やすシンプルな物が使い易い。
余裕があればビールの缶もついでに入れておけるし(笑)。

F1000011
定位置に置いてみた。
いい感じかな。

2a496eef.jpg
これまでずっと使っていたダイソーのワインクーラー。
ありがとう。
これだけ広島で美味しいワインを飲めたのも、あなたのお陰かもしれません。

F1000009
もひとつはコチラ。
CO2のミニボンベを使ってビールの泡を立てる道具。
試してみたら、確かに生ビールサーバーのレバーを手前に倒した時の泡が出る感覚を家庭でも・・・、と言いたいところだが、そうはいかない。
ジョッキにだいぶん余裕をもっておかないと、ジョッキからビールが溢れてしまうだろう。
ただ、確かにクリーミーで細かい泡になることは間違いない。看板に偽りは無いと思う。
けど、そこまで必需品かと言われたらどうかな。

F1000015
効果は写真では分からないよね。

いずれにせよ、目的としていた物が買えたから良かったのかな。

Dr.Goods
東京都台東区西浅草1-4-8
03-3847-9002
9:30〜17:30
定休日:第3土曜日、日・祭日