July 25, 2010

名主の滝公園

F1000002
この暑さ、コンクリートジャングルに住んで、はや4か月弱を経過。
そろそろ自然が豊かな所が恋しくなってきた。
広島だったら、車で30分も走らせれば山の中。もうちょい足を伸ばせば、人里離れた田舎に直ぐに行けたものだが、ここ東京はそうもいかない。
実は、昨日田舎の方に行こうと車を走らせたが、渋滞で引き返した過去がある。

なので、家から比較的近い所で癒しを味わえる場所を探す所にした。

そしたら、家から程近い北区に滝がいくつもある公園があるというじゃないか。しかも昔から存在する滝がそのまま残っているという。
その名は男滝、女滝。
おお、大鬼谷の雄滝、雌滝を彷彿させるではないか。

行ってみることにした。

F1000003
中に入るとこんな感じ。確かに木が植わっている分、住宅街よりは涼しい。
でも暑い。

F1000004
園内の地図。
水がいっぱいで期待を抱かせる。

F1000005
入口から程近い「男滝」。
う〜ん。
確かに滝なんだけどなあ、マイナスイオンもちょっとだけ。

F1000006
園内は川が流れていて、こうやって写真を撮るといい感じなのだけれど。

F1000011
こんな木漏れ日もいい感じなのだけれど。

F1000012
石畳の散策路もいい感じなのだけれど。

F1000014
「女滝」を見ていたら、地面から激しい振動が・・・。
そうか、揚水ポンプなのね・・・。
これで冷めてしまった。

カラスが何羽も涼をとっていた。
都内のカラスもこの暑さじゃ辛かろう。
ちょうどいいかもね。

F1000015
池があって鴨がいると書いてあったが、残念ながらいなかった。

F1000016
「男滝」「女滝」以外の滝には水が流れていなかった。
残念。

F1000017
写真で見ると「都内のオアシス」的かもしれないし、確かにそうかもしれない。
園内も良く清掃されていて、水も思ったよりキレイだった。

けど、やっぱり限界かな。

そういえば広島に越した時に、自然が近くにあることに感動して、週末はいつもドライブに出かけていたことを思いだした。

新緑や紅葉の季節だったら良かったのかもしれないね。

kumadays at 23:36│Comments(0)TrackBack(0) 訪問・旅行 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字