PICT0014
広島南アルプスとは、広島市内西側に連なる山々だ。武田山から鈴が峰まで約15キロの道程で、尾根伝いに縦走できるようになっている。
広島で山登りが好きな人は、一度は行ってみたいコースなのだ。
やはり市街地にあるアルプスということだから、一番高い山でも火山の標高488m。
それでも、その魅力は行ってみた人でないと解らない。

一度はチャレンジしたのだが、雨に祟られて断念したから、ココは広島を去るにあたって最後の最後にリベンジを果たそうという話。カネさんとhirakenさんと一緒に男3人で挑む広島南アルプス。
実は先週の予定だったが、天候が悪く1週間ずらした。
とても良い天気に恵まれた。

7時30分にJR可部線の下祇園駅に集合して武田山を目指す。
PICT0001
取り付きも色々な場所があるが、一番ノーマルな憩いの森へ。
ここまでも舗装路の登り坂だ。最初から飛ばすとバテてしまう。

PICT0002
後ろを振り返ると、旧祇園町の町並みが見える。

PICT0003
桜がわずかに花開いていた。もうすぐ花見の季節なんだろうな。

F1000027武田山山頂へ到着。8:27。
良いペースだ。

PICT0006
山頂からの景色。
何度見た事だろうか。

PICT0007
自宅付近の風景。
こうやって山に登って自宅を眺めるというのも、東京では不可能だろうな。

暫し休憩してから、広島南アルプス最高峰の火山を目指す。

せっかく登ったのに、ずいぶんと下りてから再び登る。
今回は弓場でのお遊びはしなかった(笑)。

F1000028火山へ到着。9:31。
厳しい登りに日差し。
水筒の水の消費が激しい。


PICT0008
武田山とはまた違った趣きの眺め。
これが広島南アルプスの魅力なのだ。
眼下に広島市街の眺望を楽しみながらの縦走。
歩く度に視点が変わるから、新しい感動が訪れる。
これがたまらなくいいのだ。

PICT0016
少し下りた所に展望岩があって、ここからの景色も絶景。
暫く経てば眼下の見苦しい住宅造成地にも住宅が立ち並び、風景に溶け込んでいくのだろうな。

PICT0014
この先の道程だ。
頑張るぞ!

PICT0019とはいえ、このところの多忙、早出+遅くまで飲み会を繰り返し、鈍りに鈍った体が悲鳴を上げた。
具体的には太ももがパンパンに張って歩けなくなったのだ。
魔法の白い粉(アミノバイタル)と、謎の黒い固まり(黒っ子)と、カネさんが持っていた禁断の液体(エアーサロンパス)を駆使しながら、休み休み歩くことにした。


F1000029とりあえず丸山に到着。11:25。
昼には大茶臼に着きたいから、少しペースが落ちてしまった。
この付近はアップダウンが多くて、太ももがツライ。

あまり写真が残っていないことが、辛さを表しているのかなと。


F1000030何とか大茶臼山へ到着。12:31。
ああ、しんどい。
ここから少し下の展望岩で昼食を取ることに。


PICT0023
展望岩からの景色。だいぶ海が近くなったな。
岩の上でご飯を食べて、少し昼寝させてもらった。

PICT0029
マリーナホップ。

PICT0030
市内方面。
さてと、ここから急坂を降りる。
下りたら己斐峠だ。

F100003113:52。前回はこのあたりで雨が降って来て、己斐峠で断念したから、ここから先は未知の世界ということになる。
悲鳴を上げる太もも。
その度に止まって正座して伸ばして。
休み休み登ったから、連れのお二方の足を大きく引っ張ってしまった。


PICT0032
14:38。柚ノ木山。
やはり1つ1つのピークに着くと、達成感があるのだ。

PICT0034
眼下には己斐(西広島駅)の街。
「はっぴ」の蕎麦は美味しかったな。

PICT0035
平和大通り。
「ヴィアーレ」にも良くお世話になりました。

PICT0039
広島のオフィス街。
このビル群の中に、私めの職場がありました。
12年間どうもありがとう。

と、感傷にひたってばかりもいられず、次を目指す。

F100003315:30。草津沼田道路。
なんと3月20日から無料化された。こりゃ便利だとはいえ、もう使うことは無いだろうな。


そして、そして・・・、


F1000034
ジャ〜ン。待ってました。
ああ、良かった。2L以上持って行った水は無くなっていた。
ここで飲んだアクエリアスの味は一生忘れないだろう。

足を投げ出して休憩。
もってくれよ!足!!

PICT0042
竹林の中の登り坂を進む。少し登れば太ももは悲鳴を上げる。
その度に休む。
またひたすら歩く。
急な登り坂以外は何とか行けそうだ。急な登り坂だけは慎重に行くことにした。

F100003516:25、鬼ヶ城山へ到着。

ふ〜、だいぶ来たな。


PICT0043
しかし、この絶景を見て疲れが吹っ飛んだ。
スゴいな。

PICT0047
マリーナホップ。さっきとは見る角度が全然違う。

いやいや、時間も遅くなってきたし、薄暗くなってきたから先を急いだ。

PICT0054
17:28、ついに、ついに鈴が峰に到着。
ああ、感無量だ。

PICT0070
とても展望がいい場所なのだ。

PICT0060
西側を見ると、既に夕焼けチック。
そこに見える島は厳島(宮島)だ。あの山、弥山にも登ったな。

PICT0069
マリーナホップもだいぶ近づいたような。

PICT0072
広島市街方面。
本当に広島を離れるのだなと思うと、涙が出て来そうになった。
色々な思いが頭を巡った。忙しいスケジュールの中、来て良かったな。
そして一緒に制覇したカネさん・hirakenさんには感謝の気持ちでいっぱいだ。
途中、足が動かなくなっても嫌な顔ひとつせずに助けてくれたし、仲間っていいのだなと改めて思った。

実は、鈴が峰の三角点は、少し山の方に行った所にあり、それが広島南アルプスの終点とする見方もあるけれど、この眺望と達成感でもう充分だ。

PICT0076
さてと、そろそろ下りましょうかね。

PICT0083
眼下はアルパーク。
良く買い物に来たな。
とにかくイオンモール祇園からアルパークまで歩いたのだ。しかも山道を。
何とも不思議な感覚だった。

PICT0084PICT0085
JR新井口駅へ。
ふ〜、お疲れさまでした。

F1000038この後は広島駅のライオンで祝杯をあげた。

最後の最後に広島でのいい思い出が出来た。

ありがとう。