F1000013ココは以前から行こうかどうしようか迷っていた店。
「ときわ台 イタリアン」とか入れて検索するとヒットする。ネットで見ると賛否両論。まいったな。
でもギネスの看板があるし、一度は行ってみようかと思っていた店だ。

店内はバーカウンターとテーブル席が混在するアイリッシュパブスタイル。

いいじゃないの!!
いやあ、これはいい。


F1000011
サラダ。
素材はいい感じ。
でもドレッシングは今ひとつのような。
これならドレッシングは不要。
このあたりが賛否両論の源なのかな。

F1000010でもね、ここはね、生ギネスがあるんですよ。
ここは迷わずパイントで。

いやあ、ありがたや。

この前に黒ラベルの生も頂いております。


F1000012
ブイヤベース。季節料理のメニューだ。
ウマいじゃないの。
ちょっと塩味が強いけれど、素材も素材の生かし方も悪く無いのでは。
腕は確かだと思う。
コレをチビチビとギネスを飲むのは良いかもしれない。
結構濃厚なので、これに対峙できる白ワインって。
それがあったら、酔っぱらいまっしぐらだろうな(笑)。

F1000014
山形産豚肉のソテー。
ザワークラフトにマスタードって、イタリアンというよりドイツ料理。
ビアホール的な料理だ。
この店が目指す所はこういう所にあるのかな。
ならば「フィッシュ&チップス」も置いて欲しいな。
魚は得意そうだし。

F1000015
ピッツァ・マルゲリータ。
昔ながらのピッツァという触れ込みが書いてあって、おそるおそる頼んでみた。
おお、シンプルでウマいじゃないの。
昔、我々がキャンプで焼いたピッツァに似た味がする。という事は、生地も自家製なのかな。
アレックスのピッツァには遠く及ばないけれど、かえって好感が持てた。
が、コレを食べる為にこの店に行くという程、魅力的なものではないな。

お会計は高め。これだけで13K。ボトルのワインも頼んでないのに。
これは痛い・・・。板橋にしては高い・・・。
(ハーフのスパークリングは頼みましたが)

きっと、ココはイタリアンレストランというより、お酒主体で、チョロっと料理を楽しむ店なのだと思う。
目指す所はアイリッシュパブのような感じ。
食事主体で食べようと思ったら、シンドいのではないかと思う。
すなわち、お酒を飲まない人にとってはあまり楽しくないかもしれない。ちょっと塩も強いし。
なので悪いけれど頻繁に来るには会計的にも塩分的もしんどいかな。
あと、奥の客席の一部に厨房施設の振動がモロに伝わる場所があってとても不快だった。
テーブルも床も細かくバイブレータのような振動が体に伝わって来た。
最初はソコを案内されて暫くは我慢して座っていたのだけれど、これは長時間は我慢できないと思って席を替えてもらった。その時の店員さんの対応はとても快くて良かった。
でも、その後にあの席に座った方は気にならなかったのだろうか。

カッチャトーレ
東京都板橋区常盤台3-23-7
TEL:03-3960-0800  年中無休
営業時間:ランチ   11:30〜14:30(L.O.14:00)
ディナー 18:00〜翌2:00(L.O.翌1:00)



関連ランキング:イタリアン | ときわ台駅上板橋駅