e66bfe0d.jpg左の写真は、本文とはあまり関係無いのだけれど、また来週から無印良品の割引週間が始まる。
大きな物は買ひ控えした方が良さそうだ。

ちなみにウチのベッドや寝具類は主に無印良品だったりする。
それでもって本題。

朝からベッドルームをゴソゴソ。枕の向きを変えた。
これには色々と説もあるし、科学的な根拠もあるようでないような。
ただ、子供の頃から慣れ親しんでいた南枕。これは夜眠れないのだ。特に夏は暑く感じる。
で、眠れない時に反対向き、すなわち北枕にするとスーッと眠れるのだ。そういうことが子供の頃には良くあった。でも、北枕は「ある俗説」では悪いとされている。が、科学的に良いとする説もある。確かに子供の頃の記憶からすると北枕は良く眠れるのだ。広島に来た時も南枕で寝れない時は北枕にするとスーッと眠れる。そんなことが良くあった。

なので、間取りの関係もあってから東京に引っ越してから北枕で寝ていた。

が、この北枕、眠れるには眠れるが・・・、



朝、起きれない



のだ。

広島の時はスッキリ起きれたのだが、どうも東京に来てからスッキリ起きれない。
元々、子供の頃から東京に居た時は朝は弱かった。これが広島に行ってからというものの完全に克服したと思っていたのだが(歳を取ったからという説もあるが)。

これは、東京に来て仕事の量も増え、移動で歩く機会も増え、夜寝る時間も遅くなり、そのあたりの処から来ているのだろうと思うけれど、やっぱり寝る環境においては最善の策を尽くしたい。

なので、寝室のベッドの向きを90度変えて、今晩から東枕で寝ることにした。
間取りからしたら南北にベッドを配置するのがいいのだが、それを半ば無理矢理東西に配置してみた。まあスッキリしていて悪くない。
寝転んでみたが、シックリきそうだ。

この東枕、広島ではずっとそうしていたのだが、これが非常に目覚めがいいのだ。
それに寝付きも悪くない。
とにかく「夜眠れない南枕」と「朝起きれない西枕」を除いたら、北枕か東枕しか選択肢が無いと思っている。

まあ、枕の向きの善し悪しの根拠なんて諸説色々だし、やっぱり本人がどう考えるかが一番重要だと思う。
枕の向きを変えることで、ちょっと目先を変えたいというのもあるしね。
このところこのブログも停滞気味だし。

それと、夕方30分くらい走って来た。
やはり運動すると気持ちいい。
この程度の運動で消費するカロリーって大した事ないから、ダイエットって面では効果が無いという見方もあるかもしれないが、運動をすると体の代謝も良くなるし、何より精神衛生上いい。やはり広島の時と違って東京に来てから定期的な運動ができなくなってしまっていることも、ストレスの1つになっているのだろうと思う。

さて、その効果やいかに。