漫画、キャプテン翼の主人公大空翼の夢は、日本代表がワールドカップ優勝することだ。
この漫画が連載されていた時って、ワールドカップ出場なんて夢また夢、それどころかプロリーグ(Jリーグ)も無かった時代だった。(そんな時代に奥寺や尾崎や三浦は海外に渡っていたのだが)

そんな頃にワールドカップ優勝だなんて大それたことを言っているなと思ったりした。
しかも、漫画の中の少年世界大会では、イタリア、アルゼンチン、フランス、西ドイツの強豪を破って優勝してしまうのだ。そりゃやりすぎだろうと思ったけれど、空想の世界とはいえ興奮しながら読んでいた。

その後、Jリーグが立ち上がり、ワールドカップへは普通に出場できるようになった。ベスト8にも入った。けれど優勝は遠い道程だと思っていた。

それを女子日本代表が成し遂げたのだ。

いやあ、素晴らしい。

そりゃ男子と事情が違うという話もあるかもしれないが、相手も真剣勝負の国際試合ワールドカップで世界一になったのだ。スゴい!

個人的には岩清水選手と宮間選手がとても良かったと思う。駆け引きにも長けていて執念も素晴らしいと思う。準決勝の川澄のゴールも美しかった。終了間際に決めた澤選手はサスガだし、PKを止めた海堀選手もスゴい勝負強さだ。今思えば、最初からフルタイム全て観れば良かったと思う。少し後悔。

とにかく、今朝は早起きして観てよかった。

おめでとうございます。

暗い話題ばかりの日本に明るい話題をありがとう。