IMG_3226
もう何回作っただろう。すっかり定番のおでん。
キャンプでも家でも、とにかく手を掛けて作ってやればウマいのだ。

ウマく作るコツは色々あるけれど、
キャンプやっていた時から守っていることって言えば、やっぱりねぇ。


材料集めかな。


おでんだねって結局はB級品だし、普通にスーパーとかで買うと大体は食品添加物やらが多く含まれている。これらの雑味が煮込むといい方向に行く場合もあるのだろう。きっとそれが街の美味しいおでん屋さんなのだと思う。

私めは、食品添加物等がなるべく含まれていないものを選ぶようにしている。
まあ、このあたりは裏の表示を信用するしか無いのだけれど。
あと、もうひとつのコツである「ダシ汁は薄味」を守れば、あとは材料を適当に(テキトーとは違う)ぶち込めば出来上がりなのだ。

今日は美味しそうな揚げ物と生タコが手に入ったのでダシは昆布のみ。
お酒と味醂と塩と醤油で味付けしたダシ汁で煮ればいい感じなのだ。あとは手羽先とか大根とかそういったものがいい味にしてくれる。材料をしっかり揃えれば、あとはロクにウマい出汁を取れない素人が変に手を加えない方がいいのだ。
そすればスッキリした美味しいおでんが出来上がる。

IMG_3228
お酒は青森のお酒「ねぶた」。淡麗純米のラベルとは裏腹に、結構しっかりしていておでんにピッタリ。
ウマかった。
ビールは最近は一番搾り。安くてウマい。
ここのところ缶は一番搾り、瓶はハートランドを好んで飲んでいる。広島の時はヱビスばっかり飲んでいたけれど、広島を離れてからキリンビールばかり飲むというのも皮肉なものだ。

IMG_3230
食後はりんご。スーパーに「つがる」が出ていたので買って来た。「つがる」って早い季節の甘いだけのりんごと思っていたけれど、季節ものには変わりない。
美味しく頂いた。
また高野りんごを食べたいな。
季節になったら通販で申し込むことにしよう。